耳ようの食事、食事療法、耳ようは何を食べたらいいのか

耳ようの食事、食事療法、耳ようは何を食べたらいいのか

  • 2021-08-15 03:53:50
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 耳瘤の検査、耳瘤の診断
  2. みみようの治療方法みみようの治療方法みみようの薬

耳ようの飲食は禁物である

飲食适当:1抗菌消炎の食品を食べるべき;2むくみや痛みを和らげる食べ物を食べるべきだ;、3.良質のたんぱく質が豊富なものを食べましょう。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
レモンレモンはビタミンCを豊富に含有し、抗菌消炎清熱解毒作用を有し、耳瘡に対して一定の治療作用を有し、患者の回復に有利である。1日300〜500mlの水に浸して飲むのがよい。
ライチライチは腫れを消し、痛みを止める作用があり、耳瘡による痛みを緩和する作用があり、患者の回復に有利である。1日100〜200グラムが望ましい。
ミルク牛乳には良質のたんぱく質や栄養素、人体に必要な多くのミネラルが豊富に含まれており、免疫力を高め、抗病力を高める作用があります。1日当たり200〜500mlが好適である。熱い飲み物がいい
食の禁忌:1つの辛い刺激の食べ物を食べる;、トウガラシ、ショウガ、ミズバショウなど、2油で揚げたものを食べることは禁物である。フライドポテトやフサフサ、3ガスを産みやすい食物を食べるのは禁物である、サツマイモ、タマネギ、里芋など。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
唐辛子唐辛子は辛くて刺激的な食べ物で、神経血管を刺激しやすく、浮腫や充血を引き起こし、患者の体の回復によくない。あっさりしたものを食べるのがよい。
あばた麻花は揚げ物に属する食物であり、のぼせやすく、免疫力が低下し、耳よう疾患の炎症感染を悪化させ、症状を悪化させ、回復に不利である。消化のよいものを食べるのがよい。
里芋はガスを産生しやすい食品で、腹部に空気が張ったり、膨れたりしやすく、栄養素の消化吸収が悪く、不快感を与えやすい。天然ガスの出ない食物を食べるのがよい。
耳よう飲食の原則

耳よう食

耳垂れにはどんな食べ物を食べないほうがいいですか:

辛い、刺激的な食品、例えばショウガ、コショウ、酒、羊肉、唐辛子などは避けなければならない。

高麗人参、シナモン、附子、鹿茸、牛鞭、大補膏などの熱性補薬を飲まないでください。

清熱消炎作用のある新鮮な野菜、セロリ、ヘチマ、ナス、ナズナ、ヨモギ、キュウリ、ゴーヤなどを多く食べることができる。

以上の資料は参考までに、詳しくは医者に相談してください。)

  1. 耳ようの原因、耳ようにどんな原因があるのか
  2. 耳ようの合併症、耳ようがどんな病気を引き起こすか
  3. 耳ようの症状、早期症状、徴候
  4. 耳ようの紹介-症状-治療-看護-食事
  5. 耳ようの診断と鑑別-耳ようは混同しやすい疾患
分類

お問い合わせ