職業性にきびの症状、職業性にきびの初期症状、徴候

職業性にきびの症状、職業性にきびの初期症状、徴候

  • 2021-09-09 00:40:39
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 職業性ざ瘡のケア−ケア上の注意−食事の禁忌
  2. 職業性ざ瘡の紹介−症状−治療−ケア−食事

職業性ざ瘡症状

初期症状:油ざ瘡:毛穴拡張、毛包口化、皮膚の毛折れと黒頭にきび

末期症状:炎症性丘疹、毛嚢炎、結節及び嚢腫がある。

関連症状:黒頭にきび毛嚢性鱗片状角化にきび様皮疹

一、症状

このような物質に接触した数時間後及び数ヶ月後に次第に発生する。脂に汚染されやすいと摩擦を受けやすい部位、例えば四肢の伸側、顔面及び皮脂腺の発達部位によく発生する。主な表現は毛嚢孔角化、黒頭にきびとにきび様損害である。少数は毛嚢炎、フルンケルを引き起こすことができ、毛嚢口角化が明らかであり、分布が均一で密であり、触ると粗雑である。

二、診断

この病気は職業と関係があり、異なる年齢と臨床表現は診断できる。

  1. 職業性にきびの原因、職業性にきびにはどのような原因があるのか
  2. 職業性にきびの合併症、職業性にきびがどのような病気を引き起こすか
  3. 職業性にきびの検査、職業性にきびの診断
  4. 職業性にきびの治療法、職業性にきびの治療法、職業性にきびの治療法
  5. 職業性にきびの診断・鑑別-職業性にきびの混同しやすい疾患
分類

お問い合わせ