職業性にきびの食事、食事療法、職業性にきびは何がいいですか

職業性にきびの食事、食事療法、職業性にきびは何がいいですか

  • 2021-09-09 00:43:16
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 職業性ざ瘡のケア−ケア上の注意−食事の禁忌
  2. 職業性にきびの症状、職業性にきびの初期症状、徴候


職業性ざ瘡食は禁物

適切な食事:1、適切な高タンパクの食事;、2、ビタミンの高い食事;、3、あっさりした飲食が適当です;、4、亜鉛を含むものを食べるのがよい。
食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
クルミクルミには、にきびの回復によい亜鉛が豊富に含まれている。1日30~50グラムで、おかゆを煮て食べる。
にんじんのピューレニンジンにはビタミンAが豊富に含まれており、上皮細胞の過形成や毛包の過化を抑え、肌に良いとされています。ジュースを搾って食べることができます。
ウサギの肉ウサギの肉は冷たく、熱を払い、津を生み、潤い、ざ瘡の完治を促進する。1日30~50グラム。
食事の禁忌:1、動物脂肪を食べる;、2、辛くて刺激的な食べ物を食べることを避けます;、3、生臭い髪の食べ物を食べることを禁じる;、4、ヨウ素を多く含む食品を食べることを禁ずる。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
昆布昆布にはヨウ素が比較的多く含まれており、毛包の口論や詰まりを引き起こしやすい。のりも少なめにしたほうがいい。
羊肉羊肉は皮脂腺の炎症を拡大させ、治りにくくする。海の魚やエビなども少なめにしたほうがいい。
唐辛子唐辛子は火に吹き出物を起こしやすいので、食べるのを避けるべきである.。ショウガやワサビも食べないでください。
職業性アクネ食の原則

にきび患者は、タール、ピッチ、高沸点留分の鉱油、ポリ塩化ベンゼン、ポリ塩化ナフタレン、ポリ塩化フェノール、および特定のブロモ芳香族炭化水素化合物に接触する作業に従事してはならない。あっさりしたものを主とし、辛いもの、濃い酒、濃いお茶を控えるべきである.。適切な量の高脂肪食品を摂取する必要があります。脂肪は熱を発生することができ、寒さを防ぎ、皮膚を潤すことができます。脂肪食品もビタミンAやビタミンEなどの脂溶性ビタミンの摂取に有利です。それらは皮膚の乾燥と老化を防ぐ作用があります。

  1. 職業性ざ瘡の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 職業性にきびの原因、職業性にきびにはどのような原因があるのか
  3. 職業性にきびの合併症、職業性にきびがどのような病気を引き起こすか
  4. 職業性にきびの検査、職業性にきびの診断
  5. 職業性にきびの治療法、職業性にきびの治療法、職業性にきびの治療法
分類

お問い合わせ