肝線維化検査、肝線維化診断

肝線維化検査、肝線維化診断

  • 2021-07-26 13:35:19
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 肝線維化のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 肝線維化の合併症、肝線維化がどんな病気を引き起こすのか

肝線維症の一般的検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
ヒアルロニダーゼ肝っ玉薬として臨床的に使われている...
肝線維化指標検査血液血管肝っ玉肝線維症の指標...
肝臓間質の変化を反映する試験肝っ玉肝機能の診断には...
血清総蛋白血液血管----血清総蛋白は...
尿胆原肝血液血管腎婦人科痛尿胆元(URO)...
肝臓、胆汁、脾臓CT肝っ玉肝っ玉肝臓、胆汁、脾臓CT...
肝臓超音波検査----肝臓の超音波検査は...
血清アルブミン対グロブリン比腎肝炎肝疾患白/球比は...
血清線維結合蛋白質肝全身----血清を検査することで...
血清IV型コラーゲン----IV型コラーゲンが主...
血清ラミニン----血清人層癒着...
肝線維症検査

一】実験室検査

1.細胞外間質代謝に反応する指標

(1)コラーゲン及び基質代謝に関与する酵素の検出:

①プロリン4-ヒドロキシラーゼ

(proline-4-hyd)roxylase、PH):PHは1種の糖蛋白であり、血清PHレベルは肝繊維化程度と相関する。しかし、非肝繊維化はあり、例えば閉塞性黄疸も上昇することがあり、現在すでに作製したpHβサブマブがあり、免疫学方法で血清pH含有量を測定し、感受性を約20倍高めることができる。

②モノアミンオキシダーゼ(MAO):MAOはコラーゲンのクロスリンケージに関与し、可溶性のコラーゲン線維分子内で共有結合架橋を発生させ、不溶性のコラーゲン線維を形成する。血清中のMAO活性の上昇は肝繊維化の程度と平行であり、現在MAOは4種類のアイソザイムがあることを発見し、その中のMAO1は肝繊維化時に明らかに上昇し、しかしMAO測定の敏感性が低く、操作が複雑であるため、広範な応用ができなかった。

③P-Zペプチダーゼ:この酵素は1種のエンドヌクレアーゼであり、その活性はコラーゲン分解の指標とすることができ、常にP−III−Pと同時に検査・測定することができ、国外ではP−III−P/PZ-ペプチダーゼの比を肝臓繊維化の動態非侵襲性指標とする人がいる。国人殷蔚夷らはこれに対する研究の結果、血清P−III−P/P-Zペプチダーゼの比値は肝繊維化程度の激化に伴い上昇することを認めた。P−III−P/P−Zペプチダーゼ比はコラーゲン代謝及び肝繊維化程度を反映する有益な指標であることが示された。

(2)コラーゲン、プロコラーゲンペプチド及びコラーゲン代謝産物の検査:

①III型プロコラーゲン(PC−III)及びIII型プロコラーゲン末端ペプチド(P−III−P):PC−IIIが細胞から血液中に分泌される時、アミノ基(N)末端とカルボキシル基(C)末端ペプチドはエンドヌクレアーゼによって切断され、血中に遊離され、コラーゲン合成の活発により増加する。P−III−Pの直径は60nmであり、これらのペプチド末端はコラーゲン線維の直径を調節することができる。1985年Galambosらはヤギ胎皮からPC-IIIを抽出し、RIA測定法を確立し、50例の肝疾患血清PC-IIIを測定し、PC-III値は肝繊維活動程度と相関することを示した。1990年国人李偉道らは人の胎皮からPC-IIIを抽出してPC-IIIのRIA法を創立し、その正常な人制限は120µg/Lである。1979年、Rohdeはまず胎児牛皮からIII型プロコラーゲンのアミノ末端ポリペプチドを抽出し、そして放射免疫法を確立し、P−III−P測定の肝疾患診断における意義を報告した。現在、国内外のP−III−Pに関する研究報告は比較的に多く、P−III−Pは今なお肝繊維化の活動程度を反映する良好な指標であり、抗繊維化薬物の治療コース及び慢性肝疾患の予後を判断する比較的に良い指標であると考えられている。しかし、まだ検討すべき問題がいくつかあります。まず臓器特異性がないため、肝疾患の診断では他の疾患によるP−III−P上昇を除外する。次に、各種肝疾患において血清P−III−P含量が大きく重複しており、肝疾患の類型を特定することが困難である。

②IV型コラーゲン及びその分解フラグメント(7SフラグメントとNC1フラグメント)の測定:IV型コラーゲンは肝洞内皮細胞下に分布し、基底膜を構成する主要な成分であり、LNと高度な親和性があり、過度の沈着は肝洞毛細血管化、肝洞組織構造と肝血流を変化させ、肝栄養を制限させ、それによって肝臓病変を激化させる。肝繊維化性早期にすでにIVコラーゲンの沈着があり、血中P−III−P、7S、NC−1の含有量はすべて高くなり、7SとCN-1が明らかである。血清7S及びNC1含有量はコラーゲン合成を反映する敏感な指標であると考えられている。また、酵素結合法を用いた血清IVコラーゲン試験薬キット(日本)はすでに市場に供給されていることが報告されている。

(3)マトリックス成分の変化に関する指標:

①ラミニン(LN):LNはまたラミニン、極層素とも呼ばれ、基質中の1種の非コラーゲン性構造糖蛋白であり、基底膜の特有な成分であり、消化酵素により7つのペプチドフラグメントに分解され、大部分の抗原決定基はフラグメントI(LNP1)に存在し、分子量は約250KDである。現在、LNPIの抗原-抗体システムを用いてRIA検査・測定方法を確立し、十分な抗原を獲得でき、しかも検査・測定の特異性と敏感性に影響せず、血清LNレベル検査・測定方法の普及を可能にした。MisokiらはRIA法を用いて正常人と異なる肝臓病患者の血清LNレベルを測定し、結果は正常人、徐変肝、徐活肝と肝硬変がそれぞれ1340、1600、2060と2200ng/Lであることを発見した。現在、多数の学者は、血清LNは早期肝繊維化の診断指標の一つとすることができ、しかし非特異的で、悪性腫瘍と膵臓疾病などの患者の血清LNも上昇することができ、従って、LNはまだ一定の局限性があると考えている。

②フィブロネクチン(FN)及びその受容体(FNR):肝臓において、FNは主に肝洞壁内に存在し、I、III、IV型コラーゲンと共存し、足場として作用し、基底膜を構成する成分でもある。血清中のFNの測定は国内ですでに比較的に多くの報道があり、単拡散法、血液凝固法とロケット電気泳動法で測定し、急性及び慢性肝炎患者の血清FNは増加し、早期肝硬変者のFNも明らかに増加した。代償を失うと下がる。多数の学者は、早期に肝繊維化を診断する良好な指標ではないと考えている。国外では、酵素結合法による75例の経肝生検による血清β−サブユニットFNRを検査・測定した結果、血清FNRレベルは肝繊維化程度と密接に相関すると考えられたが、より多くの報告による実証は見られなかった。

③ヒアルロン酸(HA):HAは1種の最も単一のグリコサミン多糖であり、間質細胞から合成され、リンパ路を経てリンパ節に至り、最終的に入血する。HAの多くは肝臓内皮細胞に取り込まれ、間質細胞によって酢酸と乳酸に分解され、腎を通じて排出される。117例の肝疾患患者の中で、47例の病理診断された肝硬変者の血HAはすべて100µg/Lより高く、しかも多数は200µg/Lより高いことが報告された。肝硬変以外の70例では、26例のみが100µg/Lを超えていた。207例の正常対照者のうち、100µg/Lを超えたのは5人のみであった。国内外ではすでにHAの肝臓病における応用に関する比較的に多くの報告があり、その結果は急性肝炎、徐変肝、徐活肝と肝硬変の血清HAはすべて異なる程度の上昇があり、肝臓の損害程度、肝臓の繊維化活動程度と相関することにまとめられる。しかし、悪性腫瘍、リウマチ関節炎及び呼吸窮迫症候群などの患者の血清HAが上昇することに注意すべきである。

2.肝線維の調節に関与する次元化形成のためのサイトカインの検出

TGF−β1は急性肝炎の修復過程において、コラーゲンと他の間質の合成を開始する作用を有している可能性があり、炎症過程と肝線維化の両者を連結する因子である可能性が考えられている。血清TNF−○の臨床はすでに比較的に多くの報告があり、ある人は動物実験と臨床研究を通じて、住血吸虫症の肝繊維化活動程度は血清TNF−○、HAと相関すると考えて、広範な研究を行った上で血清サイトカインのレベルを予測することは活動肝繊維化の診断の補助指標とするならば、深く研究する価値がある。

二】画像学的検査

1、超音波検査

肝線維化時に肝エコーの異常な変化を認めた。

2.CT

CTでは肝被膜が厚くなり、肝表面の輪郭が不規則或いは結節状を呈し、肝実質のエコーが不均一に増強或いはCT値が高くなり、各葉の比例が変化し、脾臓の厚さが増加し、門脈と脾静脈が広くなることを発見した。カラードプラは肝動脈と門脈の血流量と機能的門体シャントを測定することができる。しかし、全体的に画像学検査は肝繊維化の診断に対して敏感ではない。

  1. 肝線維化の食事、食事療法、肝線維化は何を食べればいいのか
  2. 肝線維化の紹介−症状−治療−看護−食事
  3. 肝線維化の病因、肝線維化にはどのような原因があるのか
  4. 肝線維化を予防するにはどうすればよいか、肝線維化のケア対策
  5. 肝線維化の治療方法、肝線維化の治療方法、肝線維化の薬

お問い合わせ