肥大性歯肉炎の症状、肥大性歯肉炎の早期症状、バイタルサイン

肥大性歯肉炎の症状、肥大性歯肉炎の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-15 03:40:56
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 肥満性歯肉炎を予防するにはどうすればよいか、肥満性歯肉炎のケア策
  2. 肥満性歯肉炎の治療方法、肥満性歯肉炎の治療方法、肥満性歯肉炎の薬

肥大性歯肉炎症状

典型的な症状:歯ぐきの腫れと肥大、歯ぐきの出血、膨れ、口臭など

関連症状:歯肉からの出血歯の隙間に大きな膿性分泌物

一、症状診断

発病年齢、部位、典型的な歯肉形態及び色質の変化により、歯肉ポケットの形成があり、診断は難しくない。

1、本症は臨床上早期に歯肉の炎症性腫脹を主とし、肥大性歯肉炎(hypertrophic gingivitis)と呼ばれる。上顎、下顎前歯の唇側歯肉に多く発生し、その主な特徴は歯肉が深紅或いは暗赤色を呈し、柔らかくて光りがあり、出血しやすいことである。歯肉縁は肥厚し、歯肉乳頭は球状に増生し、歯面の一部を覆うこともでき、歯肉溝の深さは2mmを超えたが、結合上皮の位置は依然として釉薬セメント境界にあり、歯肉ポケットあるいは仮性歯周ポケットを形成していた。

2、病歴の長い患者では、歯肉の炎症程度が軽減し、色が薄くなるか正常に近くなり、出血も軽快した。歯肉乳頭と歯肉縁は強靭な実質的肥大を呈し、質は比較的硬く弾力性がある。この時の病理変化は歯肉上皮と結合組織の増生が主であり、炎症浸潤は局限的で、大量の線維芽細胞と新生コラーゲン線維束がある。従って増殖性歯肉炎(hyperplastic gingivitis)と呼ばれる。X線写真では歯槽骨吸収がないか、有歯頸部の歯根膜間隙の拡幅が認められた。

3、歯肉の増殖肥厚により正常な生理外形を失わせ、自浄作用を欠くため、歯頚部にプラークと軟垢がたまりやすく、歯肉袋内の細菌が繁殖し、膿性分泌物があり、歯肉袋の表面を圧迫すると、膿が溢れる現象があることがある。自覚症状は比較的軽度で、歯肉出血、口臭あるいは局部の膨れ、かゆみを感じた。

  1. 肥大性歯肉炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 肥満性歯肉炎の食事、食事療法、肥満性歯肉炎は何を食べればいいのか
  3. 肥大性歯肉炎の原因、肥大性歯肉炎にはどのような原因があるのか
  4. 肥大性歯肉炎の検査および肥大性歯肉炎の診断
  5. 肥大性歯肉炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−

お問い合わせ