肥大性歯肉炎の診断と鑑別−肥大性歯肉炎の混同しやすい疾患−

肥大性歯肉炎の診断と鑑別−肥大性歯肉炎の混同しやすい疾患−

  • 2021-08-15 03:41:55
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 肥満性歯肉炎の食事、食事療法、肥満性歯肉炎は何を食べればいいのか
  2. 肥大性歯肉炎の症状、肥大性歯肉炎の早期症状、バイタルサイン

一、鑑別

1.薬物性歯肉増殖。

2.歯肉線維腫症

3.白血病による歯肉の肥大。

4.形質細胞性歯肉炎(plasma cell gingivitis)は歯肉形質細胞増加症(gingival plasmacytosis)或いは形質細胞性肉芽腫(plasma cell granuloma)とも呼ばれ、病因は不明である。本症は主に歯茎に発生し、口角と舌に発生することもあり、多数の歯或いは全歯の歯茎の鮮紅、腫れ、柔らかくてもろく、表面は結節状或いは分葉状を呈し、上皮は薄く、半透明状を呈し、極めて出血しやすい。病理変化の主な特徴は上皮不全角化であり、結合組織内に密集に浸潤した正常な形態の形質細胞がシート状に集積し、肉芽腫すなわち大量の血管とその他の炎症細胞の存在と表現することもできる。典型的な歯肉症状及び典型的な病理変化により、鑑別は難しくない。

  1. 肥大性歯肉炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 肥満性歯肉炎を予防するにはどうすればよいか、肥満性歯肉炎のケア策
  3. 肥大性歯肉炎の原因、肥大性歯肉炎にはどのような原因があるのか
  4. 肥大性歯肉炎の検査および肥大性歯肉炎の診断
  5. 肥大性歯肉炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−
分類

お問い合わせ