奇胎の治療法奇胎の治療法:奇胎の治療法:奇胎の治療法

奇胎の治療法奇胎の治療法:奇胎の治療法:奇胎の治療法

  • 2021-08-12 20:05:47
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 胞状奇胎の紹介-症状-治療-看護-食事
  2. 奇胎の診断と鑑別の方法−奇胎の混同されやすい疾患−

奇胎診療の知識

受診科:産婦人科婦人科治療費用:市三甲病院約(5000-10000元)治癒率:治療周期:治療方法:手術治療胞状奇胎治療

葡萄状胎児の西洋医学的治療

一】薬物治療:

天然痘粉の筋肉注射による誘導産:現在は比較的に使用しなくなった。薬品を使用する前に皮膚試験をしなければならず、通常の応用による。肝・腎不全心臓病の患者には使用を禁止する。天然痘粉は漢方薬であるWeiの根から抽出したリボソーム不活化蛋白であり、合体した栄養葉細胞を一挙に殺傷し、栄養葉細胞を性、壊死させ、胚胎を死亡させることができる。注射剤を作製し、早期妊娠と中期妊娠の引産に用いた。

使用法と用量:筋肉注射は1.2mgの天然痘蛋白質結晶を含み、4mlの生理食塩水で希釈した後、臀部筋肉注射(深部筋肉注射をしない)。同時にデキサメタゾン5mgを1日2回、計2日に筋注した。

二】手術治療:

1、清宮

胞状奇胎はいつでも大出血する可能性があるため、診断確定後、直ちに子宮内容物を除去すべきであり、一般的に吸宮術を採用する。内容物を吸い出す過程で、子宮体は徐々に縮小し、硬くなっていく。吸入物中に含まれる血量は比較的に多いが、しかし大部分は子宮腔に血が蓄積しているため、患者の脈拍、血圧は一般的に変動が大きくない。子宮摘出が必要な場合は、吸引後すぐに行うことができる。剖宮で奇胎を取って逆に胡を引き起こすことにより、奇胎の栽培、転移を可能にする。吸宮設備のない者は、子宮頸を拡張した後、ブドウの胎児を挟むことができる。

初めての清宮では、完全性を追求しすぎて柔らかい宮壁を傷める必要はない。1週間程度で、2回目の子宮掻爬術を行うことができる。

往々にして患者は清宮治療を経て、まだ子宮出血があって受診者は、その時の情況によって処理することができる。奇胎不全流産(吸引・掻爬不全或いは新しい水泡状物の発生)の疑いがあり、慎重に全面的な子宮内掻爬を行うことができ、もし依然として出血する者は、病変が子宮壁に侵入することを考慮すべきで、詳しくは悪性奇胎及び絨毛癌を見た。ブドウの胎児が自然に流産した者もまた清められるべきである。清宮の時に子宮収縮剤を静脈点滴するかどうかは異なる見方がある。そのため、手術中に、例えば子宮収縮が良好であれば、通常の子宮収縮剤を使用する必要はなく、出血が多く、子宮収縮が不良な場合にのみ使用する。

2.子宮摘出

年齢が40歳以上であるか、産婦の子宮の成長が早い場合は、子宮摘出を勧め、若い場合は卵巣の温存を検討する。

三】予防的化学療法

部分性奇胎は一般的に予防化学療法を受けない。

四】その他の治療法:

1、輸血

貧血の重症者は少量の数回の緩慢輸血を行い、患者の活動性出血の有無を厳密に観察し、状況がある程度まで改善した後、再び清宮術を施行すべきである。活動出血があった場合、清宮と同時に輸血を行うべきである。

2.電解質の乱れを是正する

長期流血、食欲不振者はしばしば脱水、電解質の乱れがあり、検査して是正すべきである。

3.感染抑制

子宮の長期出血、あるいは反復不潔術者は感染を引き起こしやすく、局部(子宮あるいは付属品)感染あるいは敗血症として現れる。十分な量の抗炎症薬を与えなければならない;貧血や電解質障害を積極的に是正しています。

胞状奇胎の弁証的治療

二、漢方療法

一】弁証的に方法を選ぶ

l)陽虚血お

治療法:温腎扶陽、活血行お。

方薬:少腹逐お湯加減。当帰15g、セキシャク15g、センキュウ10g、アネトネラ10g、シナモン10g、蒲黄15g、牛膝15g、益母草30g、白花蛇舌草30g、紅花15g。血お重い者、可加三稜15g、ガジュツ15g;吐き気嘔吐甚だしき者、可加姜竹茹15g、姜半夏15g;気血虚弱を伴う者は、党参20g、オウギ25g、白術15gを加えることができる。腹痛者は、ビャクシャク20gを加えることができる。

2)うっ血相互接合

治療法:清熱除湿、解毒化お。

薬:公英敗みそ汁加減。タンポポ30g、敗醤20g、黄柏15g、白花蛇舌草30g、紅花15g、紅藤30g、丹皮15g、丹参15g、ぶく苓15g。低熱、息苦しい者は、黄ごん15g、柴胡10gを加えることができる;吐き気と嘔吐が重い者、加えて姜竹茹15g、姜半夏15g;大便下痢、全身無力者は党参15g、白術20g、長芋20gを加えることができる。

二】その他の治療法

1)大黄巣ごもり丸:

去お新作用を有し、主に五労虚の極るい痩せ、腹部膨満、腹痛、内乾血などを治療する。奇胎の治療に用いることができる。1回1錠、1日3回、経口投与。 【小于】 /p>2)桂技ぶく苓丸:

活血化お、緩消塊の作用があり、主に女性の下腹に塊があり、生理停止時の腹部膨満痛などを治療する。奇胎の治療に用いることができる。1回1錠、1日3回、経口投与。

鍼灸体針:曲池穴は1~1.2寸、三陰交穴は内方から外方へ0.5~1.0寸を突き刺した。1日1回。

  1. どうすれば胞状奇胎を予防できるか、胞状奇胎のケア対策
  2. 奇胎の症状、奇胎の初期症状、バイタルサイン
  3. 奇胎検査奇胎診断
  4. 胞状奇胎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  5. 胞状奇胎の合併症、胞状奇胎がどんな病気を引き起こすか

お問い合わせ