胞状奇胎の合併症、胞状奇胎がどんな病気を引き起こすか

胞状奇胎の合併症、胞状奇胎がどんな病気を引き起こすか

  • 2021-08-12 20:03:18
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. どうすれば胞状奇胎を予防できるか、胞状奇胎のケア対策
  2. 胞状奇胎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー

胞状奇胎合併症

胞状奇胎合併症

1.奇胎塞栓症

水泡状のブロックは血行に伴って移動したり、体の他の部位に移動したりすることができ、最もよく見られるのは肺と膣であり、そして局部に出血病巣を形成することができる。少量の塞栓あるいは厳密な検査を経なければ、自己消退する可能性がある。奇胎塞栓症は悪性腫瘍の転移と異なり、自己免疫により抑制され、消失することができる。

2.大出血

胞状奇胎は直ちに診断、処理しなければ、反復出血が発生し、子宮腔に血が溜まり、失血を来たし、自然排出時に大流血が発生する可能性がある。すでに貧血になった上で、出血性ショックが発生し、甚だしきに至っては死亡することもある。したがって、奇胎は急病として処理すべきであり、短期遅延は更に多くの失血を引き起こし、患者に危害を及ぼす可能性がある。

3.奇胎不全流産

自然流産または吸宮流産の後に、水泡状のブロックが残存することがある。奇胎患者が入院前に長期間自然流産しない者、子宮内を清める手術を受けることができる者は、直ちに子宮内を清めるべきである。排出時間が長い者、感染徴候がある者は、抗生物質で数日間コントロールした後、清宮を行った。

4.悪変

侵食性奇胎または絨毛癌になります。悪変率は約10~20%。

侵食性奇胎(invasivemole)とは、奇胎組織が子宮筋層に侵入したり、遠隔転移があることを指し、悪性奇胎或いは破壊性絨毛腫とも呼ばれる。本腫瘍は子宮を穿破することができ、腹内出血を引き起こし、広間靱帯に浸潤して血腫を引き起こし、膣、肺、脳などの臓器に転移し、甚だしきに至っては死亡に至る。

絨毛がん(婦人科)、絨毛膜がんは高度な悪性腫瘍である。

5.卵巣フラビン化嚢胞茎捻転

奇胎排出後に多く発生する。茎捻転が発生した場合、捻転した子宮付属器を直ちに手術で切除しなければならない。

  1. 奇胎の症状、奇胎の初期症状、バイタルサイン
  2. 奇胎検査奇胎診断
  3. 胞状奇胎の紹介-症状-治療-看護-食事
  4. 葡萄状胎児の食事、食事療法、葡萄状胎児は何を食べればいいのか
  5. 奇胎の治療法奇胎の治療法:奇胎の治療法:奇胎の治療法

お問い合わせ