どうすれば胞状奇胎を予防できるか、胞状奇胎のケア対策

どうすれば胞状奇胎を予防できるか、胞状奇胎のケア対策

  • 2021-08-12 20:03:59
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 胞状奇胎の原因、胞状奇胎にはどのような原因があるのか
  2. 奇胎検査奇胎診断

胞状奇胎予防

胞状奇胎予防

1)良好な心境と情緒を保ち、抗病能力を高める。

2)重労働を避け、適切に活動する。退院後は、自分の体質に応じて散歩、ジョギング、太極拳などの身体活動を行い、できる限りの家事を行い、疲れを感じないようにし、十分な睡眠をとる。

3)1ケ月以内に同室、盆栽浴を禁止する。奇胎後は正常な性生活を奨励し、同時に避妊をしっかりと行い、2年間の避妊を堅持し、再び妊娠と悪変の鑑別が困難にならないようにする。避妊方法はペニスカバーと膣隔壁を選択すべきである。

4)定期的なフォローアップ。すべての胞状奇胎患者は定期的なフォローアップを指示すべきであり、最も長期的に病院と連絡を取ることがよく、更に重要なのは2内の定期的な再検査の目的は早期に悪変を発見することであるが、時には残存した水泡状の塊があるかもしれない。妊娠試験はフォローアップ中に非常に重要な奇胎を完全に除去した後、約60%以上の患者は30日以内に妊娠試験は陰性になった。40日を超えても陽性である者は、悪変あるいは水泡状の胎児が残存していることを強く疑うべきである。

5)再検査時に月経が正常かどうかを聞く以外に、また上述の症状があるかどうかに注意すべきである。検査時に子宮の再整頓が良好かどうか、膣外陰に紫青色の結節があるかどうか、胸部透視(最も良い胸部撮影)に陰影があるかどうかに注意すべきである。

術前準備:

1)術前に採血と血液を併用し、静脈輸液路を確立する

2)感染者が疑われる場合は術前に抗生物質を投与する

3)患者の診断が正確でない場合、あるいは疑わしい点があれば、超音波監視下で手術を行うことができる。

  1. 奇胎の症状、奇胎の初期症状、バイタルサイン
  2. 胞状奇胎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  3. 胞状奇胎の合併症、胞状奇胎がどんな病気を引き起こすか
  4. 胞状奇胎の紹介-症状-治療-看護-食事
  5. 葡萄状胎児の食事、食事療法、葡萄状胎児は何を食べればいいのか

お問い合わせ