奇胎の診断と鑑別の方法−奇胎の混同されやすい疾患−

奇胎の診断と鑑別の方法−奇胎の混同されやすい疾患−

  • 2021-08-12 20:04:42
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 奇胎の症状、奇胎の初期症状、バイタルサイン
  2. 葡萄状胎児の受診案内−葡萄状胎児

胞状奇胎鑑定

1.羊水過多

妊娠後期によく発生し、急性羊水過多症あるいは妊娠中期に発生することがあり、呼吸困難が出現し、膣出血がない。一方、胞状奇胎は呼吸困難が少ないが、膣からの出血が繰り返される。超音波検査は各自の特徴を検出することができ、鑑別は難しくない。

2.流産

奇胎患者も流産現象をよく表現するが、しかしその子宮は同期の妊娠より大きいことが多い;しかも妊娠試験は陽性で、滴定度が比較的に高いため、鑑別は難しくない。しかし、奇胎患者の子宮も特別に増大しない者があり、あるいはその早期に、切迫流産と混同しやすい。切迫流産は妊娠早期に出現する膣の少量の出血であり、時に止み、軽度の下腹痛と腰酸を伴う疾患である。しかし、陽性妊娠試験の滴定度は奇胎終末で切迫流産より高かった。超音波検査で見分けられる。

3.子宮体筋腫合併妊娠

子宮筋腫は妊娠前に検出された場合、鑑別は難しくない。筋腫合併妊娠は比較的大きい筋壁間筋腫合併妊娠の場合、機械的障害や子宮腔奇形のため流産しやすい。妊娠期に子宮充血、組織浮腫、平滑筋細胞肥大、筋腫は明らかに増大し、分娩後徐々に縮小する。妊娠期の筋腫は急速に増大し、赤色変化が発生し、悪心、嘔吐、発熱、白血球数の上昇を伴う激しい腹痛が出現する。一般的に膣出血はない。両合診時に子宮体のある部分に筋腫が存在する可能性がある。超音波検査で鑑別できる。

4.双子妊娠

双子妊娠は一般的に早期妊娠反応が比較的に重く、鉄欠乏性貧血が発生しやすく、妊娠高血圧症、羊水過多、胎児奇形と前置胎盤を合併しやすい。羊水過多および切迫流産がある場合には奇胎との鑑別が最も困難である。臨床表現が非常に似ているだけでなく、妊娠試験の滴定度も正常より高く、誤診を招くことがよくある。双子妊娠は一般的に膣出血がなく、奇胎はよくあり、超音波検査は確定診断できる。

  1. どうすれば胞状奇胎を予防できるか、胞状奇胎のケア対策
  2. 奇胎検査奇胎診断
  3. 胞状奇胎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  4. 胞状奇胎の合併症、胞状奇胎がどんな病気を引き起こすか
  5. 胞状奇胎の紹介-症状-治療-看護-食事

お問い合わせ