奇胎検査奇胎診断

奇胎検査奇胎診断

  • 2021-08-12 20:07:18
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 胞状奇胎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  2. 胞状奇胎の合併症、胞状奇胎がどんな病気を引き起こすか

通常の胞状奇胎検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
HCG血液血管産科HCGのチェックで・・・
骨盤と膣の超音波検査骨盤女性生殖婦人科保健科骨盤と膣B...
β1妊娠特異的タンパク質子宮----この卵を調べることで...
胞状奇胎検査

1.超音波検査。

超音波診断はいかなる創傷もなく、確診率が高く、奇胎を確診する有力な措置である。

超音波腹部スキャンにより子宮内に大きさの異なる暗区域がある可能性があり、子宮腔内の血積によるものである。また胎児を発見することができて、即ち雪の光のほかに、胎児及び/又は胎盤の影があるかもしれない。

2.スプリンクラー。

ブドウは8週間以上排除し、慎重に子宮内に残存胞状奇胎がなく、フラビン化嚢胞がないことを証明した。

3.免疫

(ヒツジ赤血球凝集抑制試験など)測定法。免疫(羊赤血球凝集抑制試験など)測定法による正常妊娠朝尿でhCGを測定し、最高濃度は一般的に16万IU/L以下であり、時折64万IU/Lに達する。奇胎の診断は50万〜60万IU/Lの間で、持続的に低下しない。

4.hCG測定:

hCGの正確な定量試験は奇胎の診断とフォローアップの重要な検査である。

hCGは正常妊娠開始時に少量であるが、妊娠8〜10週でピークを迎え、その後徐々に低下する。妊娠週(100日)後、hCGは明らかに低下した。双(多)胎妊娠時もhCG量は単胎より高かった。在ポルトガルブドウのhCG量は正常値よりはるかに高く、高水準が続いている。正常非妊婦女性血清hCG量 【小于】 75mIU/ml、β-hCG 【小于】 20mIU/ml。正常妊娠女性の血清ピーク値の中央値は10万mIU/ml以下であり、最高値は21万mIU/mlに達し、奇胎患者の血清hCG値は20万mIU/mlよりはるかに高い。従って、臨床と超音波を併用し、単項hCG高値は奇胎の診断を確定することができる。段階的フォローアップ定量検査hCGを行い、妊娠14週後にhCG値が高値であれば、診断はより明確になる。

  1. 胞状奇胎の紹介-症状-治療-看護-食事
  2. 奇胎の症状、奇胎の初期症状、バイタルサイン
  3. どうすれば胞状奇胎を予防できるか、胞状奇胎のケア対策
  4. 葡萄状胎児の食事、食事療法、葡萄状胎児は何を食べればいいのか
  5. 奇胎の治療法奇胎の治療法:奇胎の治療法:奇胎の治療法

お問い合わせ