葡萄状胎児の食事、食事療法、葡萄状胎児は何を食べればいいのか

葡萄状胎児の食事、食事療法、葡萄状胎児は何を食べればいいのか

  • 2021-08-12 20:08:38
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 奇胎の治療法奇胎の治療法:奇胎の治療法:奇胎の治療法
  2. 奇胎の症状、奇胎の初期症状、バイタルサイン

胞状奇胎の飲食は禁物である

食事の適切性:1.太さと細さの食糧の組み合わせがよい。2.新鮮な野菜、果物を多く食べること。4.たんぱく質が豊富なものを食べましょう。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
なす甘みがあり冷たく、ビタミンA、C、Eが豊富に含まれています。ナス125グラム(洗浄、皮残し、切り身)、ゴンドラ150グラム(洗浄、切り身)、ガチョウの血96グラム。まず茄子と鳳尾茸を落花生油、适量の塩で鍋中火で七八熟すまで炒めて、それからガチョウの血を入れて早く炒めて、皿の上で食事をします。1日1~2剤、7~10日間の連用が可能で、ナス125グラム(洗浄、皮残し、切り身)、ゴンドラ150グラム(洗浄、切り身)、ガチョウの血96グラム。まず茄子と鳳尾茸を落花生油、适量の塩で鍋中火で七八熟すまで炒めて、それからガチョウの血を入れて早く炒めて、皿の上で食事をします。1日1〜2剤、7〜10日間の連用が可能
ナマコ豊富な蛋白質、カルシウム、鉄を含み、その中のムコ多糖は、体の免疫機能を効果的に高めることができる。常に服用できます。
西洋人参気を補い陰を養い、火を清めて津を生やす。気陰両虚者に適用する。
食事のタブー:1.高脂肪食は禁物。2.塩分の高い食事は禁物です。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
ピーマン脂っこい品の多くは温熱に属する性質があり、内熱を生みうる赤身の肉を食べ、1日2両を超えないことをお勧めします。
唐辛子辛辛食品は性質が温かく、熱が溶けやすく津を傷めやすい。食事中に唐辛子、胡椒、わさび、川椒などの調味料を入れてはいけない。ギョウギョウ
性は温熱で刺激が強く、奇胎の病状を悪化させるアルコール飲料はすべて避ける。
奇胎食の原則

胞状奇胎療法

(以下の資料は参考まで。詳細は医師に相談する必要があります)

ナマコの実煮

処方と用法:ナマコ96グラム、西洋人参10グラム(別包、ただ15分煮込む)、豚背骨250グラム、淮山65グラム、塩、落花生油適量。ナマコを小口切りにし、豚の背骨を切ったものを入れて大粒のシチューカップに入れ、淮山、水适量を入れ、沸騰したらとろ火で1時間煮込んだ後、西洋人参と杞子、生油と塩を入れて15分煮込んで完成。何度もスープを飲んで、ナマコを食べます。

効能:抗癌、補気益血。

評価:ナマコは温度が高く、豊富な蛋白質、カルシウム、鉄を含み、その中のムコ多糖は有効に生体の免疫機能を高めることができる。

  1. どうすれば胞状奇胎を予防できるか、胞状奇胎のケア対策
  2. 奇胎検査奇胎診断
  3. 胞状奇胎のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
  4. 胞状奇胎の合併症、胞状奇胎がどんな病気を引き起こすか
  5. 胞状奇胎の紹介-症状-治療-看護-食事
分類

お問い合わせ