脊髄くも膜炎治療法脊髄くも膜炎治療法脊髄くも膜炎治療法脊髄くも膜炎治療法

脊髄くも膜炎治療法脊髄くも膜炎治療法脊髄くも膜炎治療法脊髄くも膜炎治療法

  • 2021-07-24 20:36:48
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 脊髄くも膜炎検査、脊髄くも膜炎診断
  2. 脊髄くも膜炎の食事、食事療法、脊髄くも膜炎は何を食べればいいのか

脊髄くも膜炎の診療知識

受診科:神経内科整形外科治療費用:市三病院約30000-50000元治癒率:治療周期:治療方法:薬物治療、手術治療脊髄くも膜炎の一般治療

脊髄くも膜炎の西洋医学的治療

一、治療

1.内科的治療

まず非手術的治療法が考えられるが、早期軽症例では治療により症状の消失や軽減が可能であり、総合的治療が一般的である。

発熱などの急性感染症の症状がある場合には、ペニシリン、ストレプトマイシン、その他の抗生物質を用いることができる。脊柱管内にコルチコイドを注射することでくも膜炎を治療できると考えられているが、それ自体もくも膜炎を引き起こすことがあるため、臨床的には静脈点滴法が多く用いられている。ヒドロコルチゾンは1日当たり100〜200mg、デキサメタゾンは10〜20mgである。2~4週間後に徐々に減量し、必要に応じて繰り返し使う。40%ウロトロピン5mgに5%ブドウ糖20mgを静脈内投与し、2回/d、10〜20日を1コースとした。ビタミン:例えば、ヨウ化カリウムを経口投与したり、ビタミンB1、ビタミンB12、ニコチン酸などを使用する。

くも膜下気注入:早期症例の分離癒着や術後癒着予防に効果があり、1回につき10〜20ml、1週間に1〜2回、4〜6回を1クールとした。ニードルパンチ、マッサージ、機能強化エクササイズ。歩行が困難な患者には、車輪や装具を使用するように設計しなければならない。

2.手術治療

手術治療の適応症は限局性癒着や嚢胞形成のある症例に限られ、びまん性癒着症例では脊髄や神経根を供給する血管と軟脊髄膜が絡み合い、これらの癒着を分離しようとすると脊髄や血管にさらなる障害をきたすことになる。病変末期に厳重な癒着が形成され、神経実質が変性することも手術で解決しにくい問題であり、無理に手術を行って分離しても、再び癒着する可能性がある。しかし、嚢腫形成あるいは椎管内占拠性病変腫瘍を排除できない場合、椎板切除と探査術を行うべきである。もし急性感染の徴候があるか、脳脊髄細胞が明らかに増加する場合、手術は適当ではない。

手術中に硬脊髄膜の拍動が正常かどうか、厚くなるかどうかを観察し、硬脊髄膜を切開する時、できるだけくも膜を完全に保持し、色、透明度及び癒着情況を観察し、具体的な情況によって分離を行い、強引な分離を禁ずる、損傷を加重しないようにする。

①単离限局の条状接着;

②癒着による脊髄のねじれを矯正する;

③嚢胞圧迫を解除し、嚢液を除去脊髄損傷を増やさない条件で、できるだけ多くの嚢壁を切除する;

④椎管内に腫瘍などの原発性病変の有無を探査する。

⑤術中に細い導尿管の上下を軽く探査して洗浄することができ、直接強引に癒着した脊髄、神経及び血管を分離することを禁ずることができ、脊髄、神経の損傷を増加させないようにし、術後に総合的な治療を採用し、看護を強化し、合併症の発生を防止し、そして積極的に神経機能の回復を促進する。くも膜癒着節が長い症例では慎重な手術が必要であり、その時点で癒着を分離していても術後に継続して癒着することが可能であり、良好な成績を得ることは困難である。

二、予後

くも膜下腔に明らかな閉塞がなく、肢体が軽度麻痺のみの者に対して、一般的な予後はまだ良好であり、大多数の薬物などの治療によりある程度の回復がある。

  1. 脊髄くも膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事
  2. 脊髄くも膜炎の症状、脊髄くも膜炎の早期症状、バイタルサイン
  3. 脊髄くも膜炎の原因、脊髄くも膜炎にはどのような原因があるのか
  4. 脊髄くも膜炎の合併症、脊髄くも膜炎はどんな病気を引き起こすのか
  5. 脊髄くも膜炎を防ぐにはどうすればよいか、脊髄くも膜炎のケア策
分類

お問い合わせ