脳血栓症の診断と鑑別−脳血栓症と紛らわしい疾患−

脳血栓症の診断と鑑別−脳血栓症と紛らわしい疾患−

  • 2021-07-24 01:40:59
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 脳血栓の合併症、脳血栓がどのような病気を引き起こすのか
  2. 脳血栓形成のケア−ケア上の注意点−食事のタブー

脳血栓症の鑑別診断

1.脳出血

脳梗塞は時々少量の脳出血の臨床表現に似ているが、活動中に発病、病状進展が速く、高血圧史は常に脳出血を示唆し、CT検査は確定診断できる。

2.脳塞栓症

発病が急で、病巣性バイタルサインは数秒から数分でピークに達した;心源性塞栓子の由来がよくあり、例えば、風心病、冠状動脈性心疾患、心筋梗塞、亜急性細菌性心内膜炎、及び心房細動などを合併し、よく大脳中動脈塞栓による大面積の脳梗塞を引き起こし、脳水腫と頭蓋内圧の上昇を招き、癲癇性発作を合併する。

3.頭蓋内占拠性病変

頭蓋内腫瘍、硬膜下血腫と脳膿腫は脳卒中様発病を呈し、片麻痺などの局部性徴候が現れ、頭蓋内圧上昇徴候が明らかでない時は脳梗塞と混同しやすく、警戒を高めなければならず、CT或いはMRI検査で確定診断できる。

  1. 脳血栓受診ガイド−脳血栓
  2. 脳血栓検査脳血栓診断
  3. 脳血栓の食事、食事療法、脳血栓は何を食べればいいのか
  4. 脳血栓を予防するにはどうすればよいか、脳血栓のケア策
  5. 脳血栓の治療法脳血栓の治療法脳血栓の治療法
分類

お問い合わせ