膣平滑筋肉腫の診断と鑑別-膣平滑筋肉腫は混同されやすい疾患

膣平滑筋肉腫の診断と鑑別-膣平滑筋肉腫は混同されやすい疾患

  • 2021-08-13 19:02:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 平滑筋肉腫の検査と診断
  2. ちつ平滑筋肉腫の食事、食事療法、ちつ平滑筋肉腫は何を食べればいいのか

平滑筋肉腫の鑑別

1.膣がん

多くは膣粘膜から発生し、主な病巣は膣粘膜面にあり、びらん、結節、乳頭状、菜花状などの形態を呈し、組織は比較的に脆く、同時に感染出血を伴う。膣平滑筋肉腫は膣粘膜下組織から発生し、粘膜は完全であり、腫瘍は実質性と異なる。

2.前庭大腺の悪性腫瘍

膣口側壁近くに発生した膣平滑筋肉腫は、前庭大腺の実性悪性腫瘍と区別しにくい場合があり、病理組織学による鑑別診断を行うことができる。平滑筋肉腫を特定するためのMasson三色染色剤(結合組織の三色染色剤)、ミラー間質細胞肉腫とリンパ肉腫を特定するためのLaidlawメッシュタンパク質染色などの特殊な組織学的染色を用いて、組織学的由来を区別する。電子顕微鏡検査では、平滑筋の筋線を有する平滑筋肉腫や、基底膜が欠如している横紋筋型の筋線、マイクロフィラメント、マイクロ絨毛突起を有する横紋筋肉腫など、特定の超微細構造を発見し、診断に役立てることができる。

3.膣横紋筋肉腫との鑑別

主に病理組織学的検査による。

4.膣膿瘍、嚢胞、線維腫

臨床では膣膿瘍、嚢腫あるいは線維腫と誤診されることがよくあり、誤診時間は16ケ月に及ぶ報告がある。

  1. ヴァギナ平滑筋肉腫の合併症ヴァギナ平滑筋肉腫はどんな病気を引き起こすのか
  2. ヴァギナ平滑筋肉腫の治療法ヴァギナ平滑筋肉腫の治療法,ヴァギナ平滑筋肉腫の治療法,ヴァギナ平滑筋肉腫の治療法
  3. 平滑筋肉腫の原因、平滑筋肉腫にはどのような原因があるのか
  4. 平滑筋肉腫の紹介−症状−治療−ケア−食事
  5. 平滑筋肉腫のケア−ケア上の注意−食事の禁忌

お問い合わせ