芽生菌症様膿皮症の症状、芽生菌症様膿皮症の早期症状、バイタルサイン

芽生菌症様膿皮症の症状、芽生菌症様膿皮症の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-09-11 02:00:41
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 芽生菌症様膿皮症の検査および芽生菌症様膿皮症の診断
  2. 芽生菌症様膿皮症の食事、食事療法、芽生菌症様膿皮症は何を食べたらいいのか

芽生菌症様膿皮症の症状

早期症状:環状プラーク、その辺縁が高く、疣状を呈し、上に厚いかさぶたがあり、除去後に多くの膿腫が見られ、膿汁の滲出がある皮膚損傷は外傷によく発生し、しかし後に正常な部位に新しい損害が出現する。

末期症状:その損害は次第に周囲に拡張し、輪状プラークを形成し、その辺縁は高くいぼ状を呈し、上に厚いかさぶたがあり、除去後、多くの膿腫が見られ、膿汁の滲出があった。その後センターは全快し、瘢痕が残った。外観は芽生菌症に酷似し、膿は悪臭を持つが、これは真性芽生菌症とは異なり単発であることが多い。

関連症状:環状肉芽腫膿性分泌物

一、症状

皮膚損傷はよく外傷に発生するが、その後正常な部位に新しい損害が出現する。その損傷は次第に周囲に拡張し、輪状プラークを形成し、その辺縁は高くいぼ状を呈し、上に厚いかさぶたがあり、除去すると多くの膿瘍が見られ、膿汁の滲出があった。その後センターは全快し、瘢痕が残った。外観は芽生菌症に酷似し、膿は悪臭を持つが、これは真性芽生菌症とは異なり単発であることが多い。

二、診断

Oaniel Suは、次の6つの診断基準を提案しています:

1.大きな疣状斑で、表面に膿性分泌物があり、辺縁が隆起していた。

2.病理組織は仮性上皮腫様増殖であった。

3.黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌又は緑膿菌のような病原性細菌の少なくとも1種を生育させるための培養。

4.深部真菌、非定型分枝桿菌及び結核菌培養はすべて陰性であった。

5.真菌血清試験は陰性であった。

6.臭素剤の服用歴がなく、血清臭素レベルは正常であった。前三条は本症を診断するための必須条件であり、後三条は鑑別診断基準である。本症は深部真菌症、特に着色芽生菌症、増殖性臭素化ヨウ素疹、壊疽性膿皮症尋常性狼瘡、疣状皮膚結核などと区別しなければならない。以上の6つの基準によって、区別することができる。

  1. 発芽菌病様膿皮病の治療方法、発芽菌病様膿皮病の治療方法、発芽菌病様膿皮病の治療方法、発芽菌病様膿皮病の治療方法、発芽菌病様膿皮病の治療薬
  2. 芽生菌症様膿皮症のケア−ケアの注意点−食事禁忌
  3. 芽生菌症様膿皮症の原因、芽生菌症様膿皮症にはどのような原因があるのか
  4. 芽生菌症様膿皮症の合併症、芽生菌症様膿皮症はどんな病気を引き起こすのか
  5. 芽生菌症様膿皮症の診断・鑑別-芽生菌症様膿皮症混同しやすい疾患
分類

お問い合わせ