若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の診断・鑑別−若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の紛らわしい疾患−

若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の診断・鑑別−若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の紛らわしい疾患−

  • 2021-08-16 02:12:53
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の症状、若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の早期症状、バイタルサイン
  2. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の合併症、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎はどのような疾患を引き起こすのか


紛らわしい疾患:網膜芽細胞腫小児網膜芽細胞腫眼類肉腫症眼弓回虫症

若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の鑑別診断方法

16歳以下の人に発生するブドウ膜炎は1種類の疾病であり、幼年型慢性関節炎以外、他の疾病、例えば弓回虫症、網膜芽細胞腫、類肉腫症、白血病などはすべてブドウ膜炎を引き起こすことができ、鑑別に注意すべきである。特に網膜芽細胞腫、白血病などの悪性腫瘍との鑑別に注意し、それらはブドウ膜炎のような偽装症候群を引き起こすことができる。網膜芽細胞腫患者は典型的に網膜黄白色隆起腫瘍が出現し、腫瘍表面に血管拡張と出血があり、腫瘍細胞は硝子体腔と前房に播種して硝子体混濁、仮性前房膿蓄積、虹彩結節などの変化を引き起こすことができ、緑内障を発生しやすい。超音波、CT、磁気共鳴などの検査では眼内あるいは眼窩内の炎症性病変、石灰化巣などの変化が見られるため、一般的に鑑別は難しくない;白血病患者の典型的な表現は網膜出血、黄斑区星芒状滲出或いは綿斑、網膜結節状浸潤、網膜血管閉塞と新生血管などの眼底変化であり、これは幼年型慢性関節炎に合併する前ぶどう膜炎と明らかに異なる。

  1. 幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の病因、幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の薬
  3. 若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の検査、並びに若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の診断
  4. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  5. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の食事、食事療法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ