若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の薬

若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の薬

  • 2021-08-16 02:13:03
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事−
  2. 幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の病因、幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎にはどのような原因があるのか

若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の診療知識

受診科:眼科リウマチ科治療費用:市三甲医院約(800-2000元)治愈率:治療周期:治療方法:薬物治療、対症治療若年性慢性関節炎およびそれに伴うブドウ膜炎の一般的な治療

若年性慢性関節炎およびそれに伴うブドウ膜炎の西洋医学的治療

一、治療:

1.関節炎の治療:

関節炎の治療目的は臨床症状をコントロールし、奇形の発生を予防することである。この目的を達成するためには、患者、家族、医師、さらには社会の緊密な協力が必要である。この関節炎はよく慢性再発性炎症として現れ、治療は通常すべての関節炎の臨床活動性が消失した後1〜2年まで持続する必要がある。炎症が消失した直後に薬を中止すると、しばしば炎症の再発を引き起こす。この方面はブドウ膜炎の治療にも重要な参考作用がある。関節炎の治療に関して、現在、多くの医師は治療の初期に最も簡単で、最も安全で、最も保守的な治療を行うことに同意している。治療は多く3段階の治療プランを採用し、すなわち、アスピリン[50〜100mg/(kg・d)]、インドメタシン(インドメタシン)[1.5〜3.0mg/(kg・d)]、イブプロフェン[30〜40mg/(kg・d)]などの非ステロイド消炎薬を最初に投与する。もし効果がよくない時は第2段階の治療方案を用いて、即ち非ステロイド消炎薬と免疫抑制薬を連合して応用して、常用するのは金製剤、サラゾスルファピリジン、メトトレキサートなどがある;効果が期待できない場合は、第2のプランにプレドニゾロンを加えた第3のプランに変更する。

2.ぶどう膜炎の治療:

1)急性前ぶどう膜炎の治療:

この病気に伴う急性前ぶどう膜炎は主にグルココルチコイド点眼剤、毛様体筋麻痺剤と非ステロイド消炎剤点眼剤を用いて点眼治療する。点眼頻度は炎症の軽重に依存し、重篤な炎症に対してはデキサメタゾン点眼薬、プラノプロフェンを使用し、1〜2時間に1回点眼し、炎症の軽快に伴い徐々に点眼頻度を低下させる。

2)慢性前ぶどう膜炎の治療:

この病気に合併する慢性前ぶどう膜炎に対して、以下の治療方案に依拠することができる:

①第一段階の方案、すなわち局所投薬治療方案である。初期発症の患者には、グルココルチコイド点眼剤(例えば0.1%デキサメタゾン)を点眼開始時に3〜6回/d、非ステロイド性消炎剤点眼剤(例えばジクロフェナクナトリウム点眼剤)を点眼開始時に4〜6回/d投与することができる。患者の眼部炎症がコントロールできる時、使用する薬物、点眼の頻度及び薬物の用量を調整すべきである。しかし、前房に炎症反応がない(前房炎症細胞がない)場合には、白内障や緑内障などの副作用を起こさないようにグルココルチコイド点眼剤の使用を中止する。軽度の炎症に対しては、炎症をコントロールし合併症を起こさない程度の点眼頻度を見つけるべきである。上記の治療を経た後、軽微に再発した炎症をよくコントロールできる者は、薬を加える必要はなく、しかし真剣な観察と定期的なフォローアップが必要である;上記の治療法で炎症を効果的にコントロールできない場合は、ステップ2の治療法を使用すべきである。

②第2ステップの治療プラン、即ち元の眼局部治療と非ステロイド消炎薬の応用の上で、プレドニゾンの内服治療を連合し、用量は0.8〜1mg/(kg・d)で、朝に頓服する。7〜10日間投与すると眼部炎症が軽減するのが一般的であるが、この場合は週5mg、20mgまで投与すると週2.5mgの減量となる。注意すべきことは、グルココルチコイドの長期応用は成長発育遅延及びその他の多種の全身と眼部の副作用を引き起こすことができるため、長期応用に適さない。治療中に炎症が再発したり、炎症が効果的にコントロールできなかったりする場合は、ステップ3の治療プランに変更すべきである。

③第3ステップの治療プラン、すなわち第1ステップの治療プランを用いた上で他の免疫抑制薬を連合し、よく使われるのはシクロホスファミド、メトトレキサート、アザチオプリン、ベンゾブタン酸ナイトロスタチン、シクロスポリンなどである。この治療法は主に、局所的および全身的なグルココルチコイド治療が無効な難治性ぶどう膜炎に用いられ、特に両側性で盲目になる危険性のあるぶどう膜炎に適している。

小児患者にこれらの免疫抑制薬を使用するには必ずメリットとデメリットを比較検討しなければならず、薬物が患者の病状にもたらすかもしれない改善を見なければならず、また薬物の副作用と薬物が患者に与える長期的な影響を見なければならない(例えば、ニトロスタチンの長期的応用は男性患者の生涯不妊をもたらす)。患者に投薬の注意事項を理解してもらうとともに、投薬の長期性を理解してもらう必要がある。要するに、医者は治療を与える前に患者の思想工作をよくして、そして心の中にちゃんと知っているようにしなければならない。

シクロスポリンとフェニルブチレートによる治療が無効な患者には、シクロホスファミド、アザチオプリン、メトトレキサートなどの併用療法が考えられる。シクロホスファミドの初期投与量は2〜4mg(k・d)であり、一般的には6週間から効果が現れる。この薬は比較的良い効果があります、しかし、この薬は毒副作用も大きく、例えばドライアイ症候群、角膜潰瘍、骨髄抑制、出血性膀胱炎、不妊、続発性腫瘍などを引き起こすため、応用する時は特に慎重に、治療開始時に毎週1回血液常規、血小板と肝腎機能を検査しなければならず、明らかな骨髄抑制と肝、腎機能障害を発見すれば、直ちに迅速にすべきであるスピードストップ。

多くの学者は特にメトトレキセートの使用を推奨し、低用量のメトトレキセートは毎週1回服用し、非常に安全で、関節炎とブドウ膜炎に対しても非常に有効で、その常用用量は毎週7〜15mgであるが、治療過程中にすべて肝臓、腎臓機能と血液の検査を行うべきである。

最近では抗腫瘍壊死因子に対する生物学的製剤を用いて関節リウマチ、若年性慢性関節炎、小児の難治性ぶどう膜炎を治療する、鼓舞的な効果を獲得したが、この調合剤の幼若型慢性関節炎合併ブドウ膜炎の適応症、治療の用量及び時間などの問題についてはまだ更なる研究が必要である。

3)後ぶどう膜炎または全ぶどう膜炎の治療:

後ぶどう膜炎と全ぶどう膜炎は通常全身に免疫抑制薬を使用して治療する必要があり、一般にグルココルチコイドと他の免疫抑制薬を連合して治療する必要があり、或いは数種類の免疫抑制薬を連合して治療する必要があり、局部の薬品使用は目の前の段の炎症の有無によって決めるべきである。

  1. 幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の予防方法幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア対策
  2. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  3. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の合併症、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎はどのような疾患を引き起こすのか
  4. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の診断・鑑別−若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の紛らわしい疾患−
  5. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の食事、食事療法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎は何を食べればいいのか

お問い合わせ