若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の検査、並びに若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の診断

若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の検査、並びに若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の診断

  • 2021-08-16 02:13:15
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の食事、食事療法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎は何を食べればいいのか
  2. 若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の症状、若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の早期症状、バイタルサイン

若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の一般的検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
尿マグネシウム腎臓心臓血管内科腎老年科血中マグネシウムは神経筋に...
超音波全身ちょうおんぱしつ超音波は効果がある...
若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の検査

一、検査:

この病気は特異的な実験室検査がなく、しかし実験室検査はいくつかの異常を発見することができ、特に抗核抗体陽性は診断に一定の助けがある。

若年性慢性関節炎に伴うぶどう膜炎患者における抗核抗体の全体陽性率は40%であった、抗核抗体陽性は、発症年齢の早い女子ほど出現しやすく、特に少関節型に合併するぶどう膜炎の女性患者では63%〜100%に達するが、年齢の高い男性系統型患者では低い。実験室検査では、活動性炎症を有するシステム型と多関節型の患者はしばしば正常な赤血球性あるいはヘモグロビン過少性貧血を認め、通常は中等度貧血を呈している。活動性疾患の患者、特にシステム型患者では、しばしば白血球が上昇し、白血球総数は通常3万〜5万/mm3に達し、その中で上昇するのは主に好中球である。血小板の増加は疾病の活動性と関連し、その増加は疾病の悪化の前兆であることが多い。急性期にはしばしば赤血球沈降速度が速くなり、C-反応性蛋白が増加し、免疫グロブリンレベルが上昇し、血清補体レベルが上昇する。患者のリウマチ因子陽性率は比較的に低く、一般的に10%前後である。Whiteはリウマチ因子によって患者から1つの亜型を分類し、リウマチ因子陽性の多関節型と呼ぶ。このような患者の発病年齢は比較的に遅く、関節の侵食病変と厳重な関節炎が出現しやすいが、ぶどう膜炎が発生しにくい。

1.生体超音波生体顕微鏡検査:

ブドウ膜炎による前眼部の変化を理解するために重要なツールを提供した。過去の報告によると、幼年型慢性関節炎は主に慢性前ぶどう膜炎を合併する。このような患者に生体超音波顕微鏡検査を行うと、虹彩後および毛様体周囲の多量の滲出、毛様体離脱、脈絡膜離脱、毛様体萎縮、房角狭窄または閉鎖、瞳孔膜閉鎖、毛様体平坦部滲出などの種々の変化が認められる。中間ブドウ膜炎に似た「雪堤様」の変化が見られることもあり、発見された病変が中間ブドウ膜炎の雪堤様の変化と完全に同じかどうか、例えば両者が相であるかどうかは明らかになっていない同様に、幼年型慢性関節炎は、中間ブドウ膜炎に合併する全身性疾患の1つと考えられている。

2.超音波検査:

硝子体病変、網膜剥離の確定に大いに役立つ。この検査は白内障のある患者に行って、眼の後段の病変を評価することができます。

3.フルオレセイン眼底血管造影検査:

明らかな水晶体混濁がない患者に対して、フルオレセイン眼底血管造影検査を行い、網膜、網膜血管が障害を受けるかどうかを評価することができる。

  1. 幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の病因、幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の予防方法幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア対策
  3. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  4. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の合併症、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎はどのような疾患を引き起こすのか
  5. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の薬

お問い合わせ