若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の食事、食事療法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎は何を食べればいいのか

若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の食事、食事療法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎は何を食べればいいのか

  • 2021-08-16 02:13:33
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の薬
  2. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌

若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の飲食は禁物である

飲食适当:1よくカルシウムとリンの食品を食べます;、2解熱され、解毒された食物を食べるべきである、3.血の通った食べ物を食べるのがよい。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
スペアリブスペアリブはカルシウムとリンなどのミネラル元素を豊富に含む食品で、骨関節炎の患者のカルシウムとリンの吸収を促進することができて、骨粗鬆症を予防することができて、カルシウム欠乏などの状況、患者の回復に有利です。毎日200~300グラムのシチュースープを飲んでいます。
レモンレモンには解熱解毒作用があり、骨性関節炎の患者からの刺激因子の排出を促進したり、分泌を抑制したりする効果があり、患者の回復に役立つとされています。1日350〜500mlの水に浸して飲むのがよい。
黒砂糖黒糖は活血化おが骨性関節炎による腫れや痛みなどの症状を緩和し、患者の生活の質を高める作用がある。毎日100~200グラム水に浸して飲む。
食の禁忌:1つの辛い刺激の食べ物を食べる;、唐辛子、ショウガ、生ニンニク、ニラなど、2交感神経を興奮させる食物を食べることは禁物です。コーヒー、白酒、濃いお茶、3生臭いものを食べるのは禁物である。羊肉、ハクレンなど。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
唐辛子トウガラシの刺激性は比較的大きく、神経血管を刺激しやすく、骨性関節炎の原因因子の放出を促進し、患者の症状を悪化させ、患者の病状を加速させる。あっさりしたものを食べるのがよい。
濃いお茶濃い茶は交感神経を興奮させる作用があり、心拍数を速め、因子の分泌を刺激し、患者の症状を悪化させ、患者の回復に不利になる。あっさりしていて消化のよいものを食べるのがよい。
羊肉羊肉は生臭い髪に属する食物で、骨性関節炎の急性発作を招きやすく、あるいは重症化しやすく、患者の身体の回復に不利である。冷たいものを食べるのがよい。
若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の食事原則

若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のための食事と健康管理

淡白を主とし、青果を多く食べ、合理的に食事を組み合わせ、栄養が十分であることに注意しなければならない。酒もたばこも辛味も禁物。油や酒は禁物。生ものや冷たいものを食べるのを禁ずる。

以上の資料は参考までに、詳しくは医者に相談してください。)

  1. 幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の病因、幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の予防方法幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア対策
  3. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の合併症、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎はどのような疾患を引き起こすのか
  4. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の診断・鑑別−若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の紛らわしい疾患−
  5. 若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の症状、若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の早期症状、バイタルサイン
分類

お問い合わせ