若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の症状、若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の早期症状、バイタルサイン

若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の症状、若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-16 02:12:13
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の診断・鑑別−若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の紛らわしい疾患−
  2. 若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の検査、並びに若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の診断

若年性慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の症状

早期症状:体温正常、皮膚斑疹、白血球増加、リンパ節病、肝臓大、一部の患者に脾臓大、心膜炎胸膜炎、腹痛などの症状が出現

末期症状:手、手首、足、足首、肘、膝、寛骨、肩、頚椎、顎骨などの関節に障害がある破壊的な関節炎を呈する

関連症状:高齢者非病変性目の前の飛蚊の涙があふれ関節が痛み非対称性関節痛リンパ節腫大結節赤目発熱炎症性障害視力障害目の前の黒影関節液の滲出

若年性慢性関節炎及びそれに伴うブドウ膜炎の症状の診断

1.症状:

1.全身および関節の表現:

1)システム型:

系統型幼年型慢性関節炎は16歳以下のいかなる年齢に発生することができ、男性、女性の発病割合は似ており、典型的に夜の発熱(39〜40℃)を表現するが、朝の体温は正常で、皮膚斑疹、白血球増加、リンパ節病、肝臓大が出現し、一部の患者はまだ脾臓大、心膜炎、胸膜炎、腹痛などの表現が出現する。関節炎は対称性を呈し、約1/4の患者は破壊性関節炎を呈し、手、腕、足、足首、肘、膝、寛骨、肩、頚椎、顎骨などの関節はすべて受けることができ、約10%の患者は抗核抗体陽性を呈した。

2)多関節型:

多関節型幼年型慢性関節炎は女性に多く見られ、男性、女性の比は1:3〜1:4である。通常は隠れて発病し、急性発病することもある。低度発熱、中度肝、脾腫大とリンパ節病、皮下結節、食欲低下、貧血、成長遅延などの症状が出現する。膝や足首、手首などの大きな関節が多いが、手や足の小さな関節にも及ぶことがある。疲れた関節は腫れ、運動時の痛みと表現されることが多いが、発赤は少ない。慢性再発性炎症は、成人関節リウマチに類似した関節奇形を引き起こすことがある。

3)少関節型:

少関節型幼年型慢性関節炎は女性に多く見られ、男性、女性の比は1:5である。これらの患者の全身表現は発熱、白血球増加などが比較的に軽く或いは現れないが、皮疹があり、膝関節が比較的に疲れやすく、足首、腕関節、指関節、足指関節、仙腸関節と脊椎などにも累を及ぼすことができる。関節炎は一般的に関節の腫脹、活動時の痛み、圧痛などを表現し、病気の経過が長い者は、関節の変形が現れ、深刻な者は障害を引き起こすことができる。X線検査では明らかな変化がなく、軟部組織の腫脹、関節付近の骨粗鬆症、骨膜の新しい骨形成、骨浸食、軟骨間隙の狭窄、骨と関節の変形などが出現することもある。約75%の患者が抗核抗体陽性を示した。

2.ぶどう膜炎:

幼年型慢性関節炎患者の中で、少関節型はブドウ膜炎を最も合併しやすく、発生率は20%〜32%に達する。多関節型患者の約5%にブドウ膜炎が発生し、系統型ではブドウ膜炎の発生割合が少なかった。ぶどう膜炎は関節炎から1〜10年後に発生することが多く、個々の患者ではぶどう膜炎が最初に現れる。

幼年型慢性関節炎はブドウ膜炎を引き起こし、あるいは合併して両眼に及ぼすことが多い。報道によると、両眼の受傷者は67%〜89%を占め、両眼が同時に受傷することもあれば、前後して受傷することもあるが、間隔は数ヶ月以上、数年以上に達することもある。

幼年型慢性関節炎に合併するぶどう膜炎の多くは慢性非肉芽腫性虹彩毛様体炎であるが、急性前ぶどう膜炎も発生し、網膜脈絡膜炎、全ぶどう膜炎、網膜血管炎なども出現する。このほか、患者はまだ視神経円板炎、乾燥性角膜結膜炎、角膜融解、慢性涙腺炎などが出現することがあるため、幼年期にこれらの眼疾患が出現する患者に対しても幼年型慢性関節炎の存在を排除あるいは確定すべきである。

1)前ぶどう膜炎:

幼年型慢性関節炎に合併する慢性前ぶどう膜炎は通常発病が隠匿し、患者はいかなる自覚症状がなく、軽度の眼紅、不快感があるかもしれない。これらの患者は年齢が若く、感覚と表現能力が不十分なため、一部の患者は健康診断の時や白瞳症や斜視の時に炎症を起こしている発見された。眼部検査、通常毛様充血がなく、KPは塵状或いは中等サイズであり、下方角膜内皮に位置し、たまに羊脂状KPが出現し、少数の患者はKoeppe結節が出現する。前房炎症細胞は一般に(〜)、前房光輝(〜)であり、重篤な前房反応はまれである。まれに重篤な前房反応が見られ、前房に膿がたまることもあったが、症状は軽微であった。

前ぶどう膜炎の反復発作或いは炎症の持続的存在により、多くの前眼部異常、例えば虹彩前癒着、虹彩後癒着、瞳孔閉鎖、瞳孔膜閉鎖、房角狭窄、房角閉鎖、虹彩新生血管及びその出血による前房積血などを引き起こす。

若年性慢性関節炎に伴う急性前ぶどう膜炎は10歳以上の患者に多く発生し、HLA−B27抗原検査で陽性、リウマチ因子および抗核抗体検査で陰性であることが多い。患者の眼部は典型的に目の赤み、目の痛み、光を恐れ、涙を流し、大量の塵状KP、明らかな前房の光輝が現れ、前房はセルロース性滲出物甚だしきに至っては前房に膿が蓄積するなどの厳重な反応が現れる。

前ぶどう膜炎の病歴について、3種類のタイプを表現した:①一回連続型:ぶどう膜炎は1年以上持続し、治療後の緩和期間は1ケ月未満である。このタイプは虹彩後癒着が56.9%、白内障が43.1%、帯状角膜変性が35.3%、緑内障が11.8%;②複数回再発型:何度も繰り返し発作を起こし、しかし完全に緩和することができ、しかも緩和期間は1ケ月より大きい。このタイプの患者の約50%は合併症を起こした;③単発型:即ち1回の発作しかなく、持続時間は1年を超えず、治療後ブドウ膜炎は持続的に緩和し、この型の合併症の発生は少なく、わずか9%を占めている。

2)後ぶどう膜炎:

前ぶどう膜炎は幼年型慢性関節炎のよく見られる眼部病変であるが、網膜血管炎もまれではない。典型的な網膜毛細血管炎は眼底検査で明らかな異常がなく、フルオレセイン眼底血管造影検査で網膜毛細血管が広範に漏出することを発見し、時に黄斑嚢様水腫を伴うことがある。

本症の診断は、16歳以下に発生する関節炎、ぶどう膜炎三連症(虹彩毛様体炎、帯状角膜変性、合併性白内障)、実験室検査での抗検診抗体陽性などに基づいて行われる。

  1. 幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎の病因、幼若型慢性関節炎とそれに伴うブドウ膜炎にはどのような原因があるのか
  2. 幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の予防方法幼年型慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア対策
  3. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎のケア−ケアの注意点−食事の禁忌
  4. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の合併症、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎はどのような疾患を引き起こすのか
  5. 若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の治療方法、若年性慢性関節炎とそれに伴うぶどう膜炎の薬

お問い合わせ