どうすれば、刺身を予防できるか、刺身のケアの取り組み

どうすれば、刺身を予防できるか、刺身のケアの取り組み

  • 2021-09-09 00:22:28
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. ハチ刺傷の原因、ハチ刺傷にはどのような原因があるのか
  2. ハチの刺傷の診断と鑑別-ハチの刺傷は紛らわしい疾患

蜂の刺傷予防

一、蜂に刺された場合の対処法:

ミツバチに刺された場合、痛みを和らげ、中毒を避けるために、傷の部分で先に硬いとげを取ることができる。もし傷が四肢にあるなら、傷口の上をロープで縛ることができます、毒が血流に乗ってよそへ流れないようにして、手や他の器具を使って、毒液を傷口から押し出して、血の一部が出てきたら、縄をゆるめて、濃い石鹸水やアルカリ水を傷口に塗ったり、アンモニア水やソーダ水で傷口を洗ったりして、酸性の毒液をアルカリ水で中和して、傷口の症状を少し軽くすることができます。一度虎頭蜂、毒サソリあるいはその他の毒虫に刺されても、まずこの方法で応急処置をしてから、医療に送るのが安全かつ正しい方法である。

二、重度の蜂刺傷の処置方法

全身症状の者は、病状に応じて異なる処置を行う。症状が軽い者は対症療法や輸液、10%グルコン酸カルシウム静脈注射、あるいは蛇薬の経口投与;アレルギー反応があったら、速やかに副腎皮質ホルモン、抗ヒスタミン薬を投与してください;ヘモグロビン尿を発生した者は、アルカリ性薬物を用いて薬液をアルカリ化し、そして適当な補液量を用いて尿量を増加し、そして20%マンニトールなどを用いて利尿することができる;もし尿が少ない或いは尿がないならば、急性腎機能不全の処置を安安し、ショック者に対して積極的に応急手当をしなければならない;群峰症或いは傷口の感染者に対しては、抗菌薬を添加すべきである。

  1. ハステの治療法ハステの治療法ハステの治療法、ハステの治療法
  2. ハチの刺傷の症状、ハチの刺傷の初期の症状、バイタルサイン
  3. ハチの刺傷の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. ハチの刺傷の食事、食事療法、ハチの刺傷を食べて何がいいですか
  5. ハチの合併症、ハチの刺傷はどんな病気を引き起こすのか

お問い合わせ