多重肺感染症受診ガイド−多重肺感染症

多重肺感染症受診ガイド−多重肺感染症

  • 2021-06-28 16:58:46
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 多重感染症の合併症、多重感染症はどんな病気を引き起こすのか
  2. 多重感染症のケア−ケア上の注意点−食事のタブー
多重感染受診コンパスは多重肺部感染患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:多重肺部感染は何科の番号をかけますか?複数の肺感染症の検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。複数の肺の感染はどのような検査をしますか?複数の肺の感染検査の結果はどう見ますか?待ってくれ。多重肺部感染の受診ガイドラインは多重肺部感染患者の受診を便利にし、多重肺部感染患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的とする。
典型的な症状
たんが悪臭を放つ
診療科の受診を勧める
呼吸器内科心胸部外科
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来治療:毎週再診した後、喀痰が消失した後、不調を伴って診察した。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、咳、膿、臭、痰などに伴う症状がありますか?
4、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の結果は何ですか。
5、治療の様子はどうですか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
7、家の中に複数の肺感染患者がいますか?
重点点検項目
1.実験室検査
喀痰はスクリーニングを経て、合格標本を採取して培養して、もし2種類或いは2種類以上の細菌が優占生長してすべて10CFU/mlに達するならば、重要な参考価値がある。
2.その他の補助検査
X線病変の範囲はより広く、壊死性肺炎はよりよく見られる。
しんだんきじゅん
多重肺部感染は臨床上かなりよく見られるが、確定診断は非常に困難であり、一つはある病原体、例えばウイルスなどの実験室診断技術は臨床の需要に適応できないためである、2つ目は下気道の検体採取が困難なため、上気道と口腔に大量の定植菌が存在し、長期入院或いは抗菌治療過程にその菌群はよく変化し、経口喀痰標本は汚染されやすく、多種の細菌の生長を培養することは本当に多重感染が存在することを示さず、逆に無菌の生長或いは単一の細菌の生長を培養することは多重感染を排除することができない。臨床で多重感染を好発する病種と危険要素がある、あるいは中重度の肺部感染が規範的な抗生物質治療で無効な患者はすべて警戒感を高め、多重感染の可能性を考慮すべきである。肺膿瘍と気管支拡張症は嫌気性菌と好気性菌の混合感染がよく見られ、臨床症状が典型的であれば、多重感染として処理できる。他の種類の肺炎では,二重感染を含む多重感染の診断には正確な病原学的証拠が必要である。血液と胸液サンプルの培養結果は最も診断価値があり、下気道の汚染防止或いは気管支肺胞洗浄サンプルは定量培養を結合する必要がある。喀痰はスクリーニングを経て、合格標本を採取して培養して、もし2種類或いは2種類以上の細菌が優占生長してすべて10CFU/mlに達するならば、重要な参考価値がある。条件病原性真菌も下気道から汚染防止技術を応用してサンプリングする必要があり、口痰標本の培養結果は意味がない。ウイルス検査は培養が難しいため、血清免疫学と分子生物学技術は参考価値がある。病理組織学検査は緑膿菌肺炎と特殊病原体感染(真菌、肺胞子虫、マイコバクテリア)と特殊染色の結合に対して重要な診断価値がある。


  1. 感染症の治療方法、多感染症の治療方法、多感染症の治療薬
  2. 多重感染の原因、多重感染にはどのような原因があるのか
  3. 多重感染を防ぐにはどうすればいいのか、多重感染のケア策
  4. 多重感染症の症状、多重感染症の初期症状、バイタルサイン
  5. 多重感染症の紹介−症状−治療−看護−食事
分類

お問い合わせ