視神経障害の症状、視神経障害の早期症状、バイタルサイン

視神経障害の症状、視神経障害の早期症状、バイタルサイン

  • 2021-08-15 07:09:25
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 視神経障害の食事、食事療法、視神経障害は何を食べればいいのか
  2. 視神経障害の検査、視神経障害の診断

神経障害症状

典型的な症状:視力が急に低下し、典型的な視野欠損;頭痛、目の痛み、視床の灰白色浮腫、後段の虚血性視神経病変の表現と徴候:視力が急に低下し、視野欠損がある;頭痛、眼痛なし、眼底が正常であるか、視神経円板の鼻側がやや薄い

視神経障害の症状診断

一、症状の徴候:

1.発症年齢:一般的に中年以降が多い。

2.両眼の発病:通常は両眼が同時に或いは前後して発病することが多く、両眼の間隔は数週間〜数年であり、甚だしきに至っては10年以上離れている者もあり、再発は少ない。

3.発病突然:一般的に発病はすべて比較的に突然であり、患者はよくその発病日を明確に指摘することができる。

4.主な症状:単眼あるいは両眼の突発的な視機能障害であり、その後の数日あるいは数週間内に次第に増悪する。

5.稀な症状:患者は眼球膨満感や眼球回転時の痛みなどの感覚が少ない。

6、視神経病変の眼底改変には、視床に明らかな浮腫があるが充血していない、網膜の血管に明らかな異常がないなどの特徴がある。いくつかの特徴は検査眼鏡の検査だけでは、視神経炎か視神経水腫か虚血性視神経病変かを明確に判断することが難しい。

二、検査:

1.酒酒嗜好、薬物中毒、栄養および代謝障害、多発性硬化症、全身感染性疾患、眼内疾患、外傷および腫瘍などの有無を詳しく尋ねた。女性に対しては月経、妊娠及び避妊歴に注意すべきである。

2.眼底を詳しく調べ、視神経乳頭炎と前部虚血性視神経病変を区別する;偽性視神経炎、視床浮腫及び屈折不正、ヒステリー、偽盲及び眼底変化が明らかでない黄斑疾患、例えば黄斑嚢様浮腫などの疾患との鑑別に注意する。

3.視力、屈折状態、瞳孔、暗適応、色覚と視野、暗点、網膜電流図、視覚誘発電位、フルオレセイン眼底血管造影などを検査する。

4.必要に応じてX線検査、CT、超音波、磁気共鳴画像法(MRI)を行い、神経科の診察を受ける。

  1. 視神経病変の診断と鑑別−視神経病変の混同されやすい疾患−
  2. 視神経障害の原因、視神経障害にはどのような原因があるのか
  3. 視神経障害の合併症、視神経障害はどんな病気を引き起こすのか
  4. 視神経障害の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 視神経障害の治療方法、視神経障害の治療方法、視神経障害の薬

お問い合わせ