視神経障害の原因、視神経障害にはどのような原因があるのか

視神経障害の原因、視神経障害にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-15 07:09:45
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 視神経障害の検査、視神経障害の診断
  2. 視神経障害の治療方法、視神経障害の治療方法、視神経障害の薬

神経病変の病因主な病因:タバコ酒嗜好、薬物中毒、栄養及び新陳代謝障害、多発性硬化など

視神経障害の病因

一、病因:

1.急性大出血による失血性ショックは血圧を低くしすぎて、視床上の小血管の供血が不足し、血液循環障害が発生し、それによって梗塞が発生し、局部組織の酸素が不足する。

2.高血圧動脈硬化糖尿病側頭動脈炎などの血管性疾患は血管壁に変化を生じさせ、血管狭窄あるいは閉塞が生じ、視床の小血管もそれによって変化し、虚血を引き起こす。

3.重篤な貧血は血液の酸素量を低下させます;血液の粘稠度が高くなり、赤血球増加症白血病などで血液の循環が遅くなり、視神経が低酸素になる。

4.緑内障の眼圧が高くなると視床小血管が圧迫され、血流が悪くなり、供血が不足する。

5.血管炎類巨細胞動脈炎結節性多動脈炎、全身性紅斑性ループス、Buergers病、アレルギー性血管炎、ウイルス後血管炎、免疫接種後、梅毒、放射性壊死。

6.全身性血管病変高血圧、アテローム性動脈硬化、糖尿病、片頭痛大動脈炎、頸動脈閉塞性病変

7.血液性疾患真性赤血球増加症鎌状細胞症、急性低血圧(ショック)、G−6−P−D欠乏症

また、一部の眼窩と眼球の局所に炎症があり、本症を引き起こすこともある。

二、発病メカニズム:

近年の研究によると、その発病機序は視神経盤に供給する小血管に虚血性病変が発生し、視神経盤の局部に血液供給が不足し、梗塞が発生することによるものである。病理解剖及びフルオレセイン血管造影の研究資料により、視床の先端すなわち篩板前区及び篩板区の血液源は毛様体後血管の小分枝に依存して供給されることが証明された。各小枝はそれぞれ視神経盤の一部を供給し、もしその中のある1本或いは数本が虚血性病変を発生するならば、この枝が供給する視神経繊維は供血不足による梗塞などの一連の病理変化を発生し、そのため虚血性視神経病変を発生し、最終的に視神経萎縮に発展することができる。視神経萎縮が起こる虚血性視神経病変では網膜中央動脈管径が他の原因による視神経萎縮に比べて17%〜24%細いことが報告されている。

一般的に言えば、一人の両目の解剖構造と血管配列は通常すべて比較的に一致している。したがって、両眼は相前後して発症することが多く、病変の位置も酷似していることが多いため、両眼の視野欠損は対称的であることが多い。

  1. 視神経病変の診断と鑑別−視神経病変の混同されやすい疾患−
  2. 視神経障害の合併症、視神経障害はどんな病気を引き起こすのか
  3. 視神経障害の紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 視神経障害の食事、食事療法、視神経障害は何を食べればいいのか
  5. 視神経障害の症状、視神経障害の早期症状、バイタルサイン

お問い合わせ