視神経障害の検査、視神経障害の診断

視神経障害の検査、視神経障害の診断

  • 2021-08-15 07:11:13
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 視神経障害の症状、視神経障害の早期症状、バイタルサイン
  2. 視神経障害の紹介−症状−治療−看護−食事

神経障害のよくある検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
蛍光眼底血管造影法眼科外科保健科眼底蛍光血管...
眼底検査眼科外科保健科眼底検査は検査...
視神経孔片核医学視神経孔片は...
五感MRI鼻眼核医学顔面MRI検査で...
視神経検査周囲眼神経系神経眼科視野をチェックするために...
屈折検査眼科外科保健科屈折検査は...
視神経障害検査

次のチェックを実行して、明確な診断を行います:

1、眼底検査:

視床の多くは小さい、生理的くぼみは明らかではない、カップ/皿は比較的小さい。

2、黄斑部:

通常は被害を受けないので、中心視力障害は重くないこともある。

3、眼底表現:

軽度の視床浮腫。境界がぼやけている。ビデオディスクには、限定的に淡色化された領域があります、視床周囲に局限性炎状出血があり、網膜血管の変化は明らかではなく、少数人の網膜動脈はやや細く、一部の単眼発作の患者では反対側の眼を観察することができ、視機能は正常であるが、視床浮腫と表現することもあり、間もなく浮腫が加重し、視機能が低下するかもしれない。

4、視床浮腫がおさまった後:

境界はまだ非常にはっきりしているが、視床のある部分がやや淡色になったり青白くなったりすることがあり、場合によっては視床の浮腫と視神経の萎縮を示すことがある。

5、視野欠損:

特殊であり、周辺と中央視野をよく検査すれば、その典型的な視野変化をよく発見することができる。

  1. 視神経病変の診断と鑑別−視神経病変の混同されやすい疾患−
  2. 視神経障害の原因、視神経障害にはどのような原因があるのか
  3. 視神経障害の合併症、視神経障害はどんな病気を引き起こすのか
  4. 視神経障害の食事、食事療法、視神経障害は何を食べればいいのか
  5. 視神経障害の治療方法、視神経障害の治療方法、視神経障害の薬

お問い合わせ