角膜かすり傷の検査、角膜かすり傷の診断

角膜かすり傷の検査、角膜かすり傷の診断

  • 2021-08-15 03:49:47
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 角膜かすり傷の症状、角膜かすり傷の初期症状、バイタルサイン
  2. 角膜擦り傷の合併症、角膜擦り傷はどんな病気を引き起こすのか


角膜擦過傷一般検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
角膜フルオレセイン染色眼科外科保健科リハビリテーション医学科角膜の蛍光染色...
スリットランプ五感裂け目ランプの検査は...
焦点光線(例えば懐中電灯光源など)の斜照法で角膜上皮欠損箇所を発見することができる。それと同時に、角膜や結膜の異物の有無を注意して探す必要がある。特に結膜異物は角膜擦傷に類似した症状を有するだけでなく、角膜擦傷の原因となることが多く、斜照法で上皮欠損が認められない場合にはフルオレセイン染色法が用いられる。方法は20%フルオレセインナトリウム無菌溶液を一滴、結膜嚢内に滴下し、患者に5分間目を閉じて、それから少し停止することで、患者の涙液は結膜嚢内の残りの染料を洗い流すことができ(もし比較的に多い染料がある時、生理食塩水で洗い流すことで除去することができ)、この時角膜上皮欠損は緑色に染色されるため、容易に発見することができる。また、フルオレセイン水溶液は緑膿桿菌の良好な培地であり、この種の細菌に汚染されやすく、角膜創傷面に深刻な感染を引き起こすため、近頃はフルオレセイン紙で染色することが多く、即ち1本の消毒フルオレセイン紙テープで、1滴の無菌塩水を滴下し、その一端を瞼結膜に接触させることができる。また、ルシフェリンを使用しない場合には、投影法により小さく目立たない擦り傷を検出することも可能である。良好な焦点光源で角膜を照射すると、上皮欠損区は虹彩表面に投影が現れ、もし照射角度を変える時、投影は対応する逆方向移動があることが見える。眼科設備のある病院内で患者が接触して検査すれば、割れ目系顕微鏡による検査の方が便利であることは言うまでもない。

  1. 角膜かすりを防ぐにはどうすればよいか、角膜かすりのケア対策
  2. 角膜かすり傷のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 角膜かすり傷の原因、角膜かすり傷にはどのような原因があるのか
  4. 角膜かすり傷の治療方法角膜かすり傷の治療方法角膜かすり傷の薬
  5. 角膜擦り傷の紹介−症状−治療−ケア−食事
分類

お問い合わせ