角膜擦り傷の食事、食事療法、角膜擦り傷は何を食べればいいのか

角膜擦り傷の食事、食事療法、角膜擦り傷は何を食べればいいのか

  • 2021-08-15 03:50:20
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 角膜かすり傷のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 角膜かすり傷の症状、角膜かすり傷の初期症状、バイタルサイン


角膜擦り傷の飲食は禁物

飲食适当:1は傷口の癒合を促進する食品を食べるべきである;、2目に見える食物を食べるべきである。3抗菌や消炎の食品を食べるのがよい。
食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
アロエアロエはアロエ素Aを含んで、外傷ホルモンとグリコサペプチドマンノルなどは抗感染を持って、傷口の癒合を促進して回復する作用があって、消炎殺菌、吸熱消腫、皮膚を軟化して、細胞の活力を維持する機能があって、目の外傷の回復に有利です。1日100~200グラムが適当で、蒸して食べる。
タケノコタケノコにはビタミンAが豊富に含まれています。ビタミンAは目の発達に重要な働きをし、網膜神経細胞感光物質を合成して、目の外傷の患者の回復に役立っています。1日200~300グラムが適当で、炒めて食べる。
レモンレモンにはビタミンCが豊富に含まれており、天然抗生物質のような働きをし、抗菌や抗炎症、外傷や感染の予防、免疫力の強化など様々な効果を発揮している。1日350〜500mlの水に浸して飲むのがよい。
食事の禁忌:視力を弱める食べ物を食べることを禁じる、2辛くて刺激的なものを食べることは禁物です。3バクテリアに栄養を与える食物を食べることは禁物です。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
レタスの茎レタスの中のある物質は視神経を刺激する作用があり、古書によるとレタスは多く食べると人の目をこわばらせ、数日間の休食で自然に回復することができるため、目の外傷者は食べるべきではない。目がはっきりしていてさっぱりしたものを食べるのがよい。
唐辛子トウガラシは腸管を刺激しやすく、栄養素の吸収に影響を与え、栄養失調を引き起こし、眼外傷患者の回復に不利になる。あっさりしていて吸収しやすいものがいい。
ラードラードは油脂が豊富で微生物が繁殖しやすいため、外傷患者が感染しやすく、体の回復に不利になる。低脂肪のものを食べるのがよい。
角膜擦過傷食の原則

食べ物は赤身、鳥類、動物の内臓、魚、エビ、乳類、卵類、豆類などを多く食べるべきで、中に豊富な蛋白質が含まれて、蛋白質はまた構成細胞の主要な成分であり、組織の補修更新は絶えず蛋白質を補充する必要があり、できるだけ辛くて刺激的な食べ物を食べることを少なくする。例:たまねぎ、こしょう、唐辛子、山椒、カラシナ、ウイキョウ。禁煙・禁酒、コーヒーなどの興奮性飲料。

  1. 角膜かすりを防ぐにはどうすればよいか、角膜かすりのケア対策
  2. 角膜かすり傷の原因、角膜かすり傷にはどのような原因があるのか
  3. 角膜かすり傷の検査、角膜かすり傷の診断
  4. 角膜かすり傷の治療方法角膜かすり傷の治療方法角膜かすり傷の薬
  5. 角膜擦り傷の合併症、角膜擦り傷はどんな病気を引き起こすのか

お問い合わせ