軟骨粘液性線維腫の症状、軟骨粘液性線維腫の初期症状および徴候

軟骨粘液性線維腫の症状、軟骨粘液性線維腫の初期症状および徴候

  • 2021-10-14 21:18:43
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 軟骨粘液性線維腫の検査、軟骨粘液性線維腫の診断
  2. 軟骨粘液性線維腫の食事療法、食事療法、軟骨粘液性線維腫のために何を食べるか

軟骨性線維腫症状

典型的な症状:骨の痛み、自発的な骨折、長骨の腫れと痛み

関連する症状:関節痛、圧痛、膝の痛み、自然骨折

軟骨性線維腫の症状診断

1.症状

1.臨床症状と徴候

発症年齢は大きく異なりますが、コンドロマイシン様線維腫の最も一般的な発症年齢は30歳未満であり、20〜30歳の年齢層が最適です。統計によると、男性の発生率は女性の発生率よりわずかに多いです。

臨床症状は特別なものではなく、主に病変の慢性進行性疼痛です。圧痛、腫れ、手足の動きの制限がある場合があります。臨床症状の発現までの時間は、診療所への診察時から異なり、初期の患者ではわずか1週間であり、遅い患者では症状が数年間持続します。軟骨ムシノイド線維腫に苦しむ子供たちは、臨床症状の急速な発症を特徴としています。自然発生的な骨折はまれですが、発生した場合、患者の注意を引く原因となることがよくあります。また、症状がまったくないコンドロマイシン様線維腫の症例はほとんどありません。

2.好み

コンドロマイシン様線維腫は、四肢の長い管状骨に最も多く見られ、下肢に多く見られ、総症例数の約80%を占め、その中で、脛骨と大腿骨の約55%が浸潤しています。脛骨は近位端で発生する傾向があり、大腿骨と腓骨は遠位端と近位端で発生する傾向があります。足の骨(中足骨、指骨、踵骨)はあまり影響を受けません。

3.脊椎の軟骨粘性線維腫

肋骨、胸骨、肩甲骨、頭蓋骨、中手骨、下顎骨、上顎骨はまれです。

2.診断

1.軟骨粘液性線維腫と軟骨芽細胞腫は同じ組織学的特徴を持っていますが、それらは異なる骨になりやすい部位を持っています。コンドロマイシン様線維腫は、大腿骨よりも脛骨に多く見られ、軟骨形成腫瘍は反対側に浸潤します。上肢の軟骨芽細胞腫は上腕骨によく見られますが、軟骨粘液線維腫は上腕骨の発症患者ではまれです。同定のより重要な点は、軟骨芽細胞腫はしばしば骨端に位置するのに対し、軟骨粘液線維腫の典型的な位置は骨幹端にあるということです。

2.病歴、臨床症状、若年成人の発症、および典型的なX線所見に基づいて、それらのほとんどを診断することができます。

  1. 軟骨性線維腫の看護-注意事項-ダイエットタブー
  2. 軟骨粘液性線維腫の予防法、軟骨粘液性線維腫の看護対策
  3. 軟骨粘液性線維腫の原因は何ですか?軟骨性線維腫の原因は何ですか?
  4. 軟骨粘液性線維腫の合併症、軟骨粘液性線維腫はどのような病気を引き起こしますか?
  5. 軟骨粘液性線維腫の治療、軟骨粘液性線維腫の治療、投薬
分類

お問い合わせ