軟骨粘液性線維腫の原因は何ですか?軟骨性線維腫の原因は何ですか?

軟骨粘液性線維腫の原因は何ですか?軟骨性線維腫の原因は何ですか?

  • 2021-10-14 21:19:31
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 軟骨粘液性線維腫の治療、軟骨粘液性線維腫の治療、投薬
  2. 軟骨性線維腫の看護-注意事項-ダイエットタブー

軟骨ムシノイド線維腫の主な原因:軟骨由来の良性腫瘍の特別な分化

リンパ管腫の原因

1.病気の原因

1.それは特別に分化した軟骨由来の良性腫瘍です。

2.病因

1.一般的な検査:

多くの場合、軟骨性線維腫と宿主の骨との間に明確な境界があり、骨髄腔にはホタテの形または結節状の硬化した縁があります。典型的な軟骨粘線維腫は骨の中で偏心して成長しますが、腫瘍の全体的な向きは長い管状の骨の長軸に平行です。コンドロマイシン様線維腫は、短骨と腓骨の中央にあります。肉眼で観察すると表面は青灰色から青白で、硝子軟骨や線維軟骨の色に似ています。腫瘍の断面には、多くの小さな嚢胞または粘液領域が見られます。腫瘍の内容物の硬度は、固形、軟質、またはゴム状である可能性があります。

2.顕微鏡検査:

軟骨粘液性線維腫は、さまざまな比率の軟骨様、粘液性および線維性組織のいくつかのタイプによって特徴付けられます。典型的な腫瘍は、明確に境界が定められた、または融合した小葉で構成されており、これらの小葉には、高密度の好酸球マトリックスを有する円形、楕円形、または星状の細胞が含まれています。未熟な腫瘍では、小葉の中心に、より緩い粘液性間質と星状細胞があります。成熟した腫瘍では、マトリックスは軟骨のような組織になる傾向があり、細胞は裂孔に位置しています。小葉は継続的なコラーゲン化プロセスを経て、線維軟骨領域、または真の線維性結節を形成します。弁尖の端では、紡錘細胞または線維芽細胞の密度がより集中しており、弁尖は細い血管線維バンドによって分離されており、その中の骨様組織および骨組織を見るのは困難です。リーフレットの断面では、マトリックスには、軟骨芽細胞腫の成分と同様に、多核破骨細胞様巨細胞、ヘモジデリン、および軟骨細胞が含まれている可能性があります。多核巨細胞および腫瘍細胞が並ぶいくつかの拡張した血管洞腔の存在は、動脈瘤様骨嚢胞の特徴に類似しています。一部のコンドロマイシン様線維腫には硝子軟骨病巣が含まれています。内因性軟骨腫ほど多くはなく広範囲ですが、2つの間に類似点があり、区別する必要があります。石灰化と有糸分裂像は軟骨粘液性線維腫では一般的ではなく、たとえそうであったとしても、それらは非常にまれなケースです。軟骨粘液性線維腫にはより大きな細胞が存在する場合があり、2〜3個の核が見られることがあり、多くの場合、形状が不規則で、濃い染色または非定型の症状が見られます。これらの変化は、軟骨肉腫の組織像と非常によく似ています。 2。

  1. 軟骨粘液性線維腫の予防法、軟骨粘液性線維腫の看護対策
  2. 軟骨粘液性線維腫の合併症、軟骨粘液性線維腫はどのような病気を引き起こしますか?
  3. 軟骨粘液性線維腫の検査、軟骨粘液性線維腫の診断
  4. 軟骨粘液性線維腫の症状、軟骨粘液性線維腫の初期症状および徴候
  5. 軟骨粘液性線維腫の紹介-症状-治療-ケア-食事療法
分類

お問い合わせ