軟骨粘液性線維腫を診断して区別する方法-軟骨粘液性線維腫は簡単に混乱します

軟骨粘液性線維腫を診断して区別する方法-軟骨粘液性線維腫は簡単に混乱します

  • 2021-10-14 21:21:53
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 軟骨粘液性線維腫の原因は何ですか?軟骨性線維腫の原因は何ですか?
  2. 軟骨粘液性線維腫の予防法、軟骨粘液性線維腫の看護対策

紛らわしい病気:骨非骨化性線維腫の骨嚢胞巨大細胞腫瘍

リンパ管腫の鑑別診断

軟骨ムシノイド線維腫の鑑別診断は、臨床、X線症状、病理学的構造の3つの側面から実施する必要があります。以下の良性骨腫瘍とは区別する必要があります。

1.非骨化性線維腫

それは背骨に位置し、奇行であり、その周りに明らかな硬化症があり、皮質骨は軽く腫れています。

2.良性軟骨芽細胞腫

これは通常、青年期に発生し、骨端に位置し、奇行性で、光透過率が低く、硬化症の縁のない病変に目に見える石灰化点があります。

3.骨の巨大細胞腫瘍

通常、20〜40歳で発生します。長骨の端に位置し、主に骨端にあり、横方向の拡張と明らかな皮質の拡張があり、硬化症はありません。

4.骨嚢胞

それは子供と青年でより一般的です。病変は主に骨幹端に位置し、年齢とともに背骨に発達し、腫れの成長、高い透明性、そして明確な硬化した縁を伴います。

病理学的構造の観点から、軟骨肉腫および侵攻性の内因性軟骨腫と混同されがちであり、これらは区別されるべきである。腫瘍には軟骨の特徴があり、診断のために臨床所見およびX線所見と密接に組み合わせる必要があります。

  1. 軟骨性線維腫の看護-注意事項-ダイエットタブー
  2. 軟骨粘液性線維腫の合併症、軟骨粘液性線維腫はどのような病気を引き起こしますか?
  3. 軟骨粘液性線維腫の検査、軟骨粘液性線維腫診断
  4. 軟骨粘液性線維腫の治療、軟骨粘液性線維腫の治療、投薬
  5. 軟骨粘液性線維腫の症状、軟骨粘液性線維腫の初期症状および徴候
分類

お問い合わせ