進行性脂肪異栄養症の食事療法、食事療法、進行性脂肪異栄養症のために何を食べるか

進行性脂肪異栄養症の食事療法、食事療法、進行性脂肪異栄養症のために何を食べるか

  • 2021-10-28 18:55:00
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 進行性脂肪異栄養症を予防する方法、進行性脂肪異栄養症の看護対策
  2. 進行性脂肪異栄養症の治療、進行性脂肪異栄養症をどうするか、進行性脂肪異栄養症の投薬

進行性脂肪異栄養症のための食事療法

適切な食事:1。新鮮な野菜や果物を食べることをお勧めします。2。ビタミンDとカルシウムが豊富な補助食品を追加することをお勧めします。

おすすめの食べ物と食べる理由
きのこのお粥 は、血に栄養を与え、脾臓を強化し、気を補充します。この食事に使われている椎茸は、栄養豊富な 製法で、きのこを冷水に浸し、洗い、みじん切りにし、ジャポニカ米をよく洗います。鍋に火をつけ、適量の水、椎茸、ジャポニカ米を加えて同時に炊きます。強火で沸騰させた後、お粥が炊けるまでゆっくり火にかけます。
エビの卵のカスタードは 気と腎臓、そして胃と脾臓に 栄養を与えます。この食事で使用するエビの皮は、カルシウムが豊富なエビの皮で作られています。不純物を取り除き、すすぐことを選択します。卵をボウルにノックし、泡に泡立ててから、エビの皮を加えて均一にかき混ぜます。卵液丼を蒸し器に入れて蒸し、取り出して食事として使います。
ミルクのお粥は、 血液に栄養を与え、乾燥を保湿し、胃と脾臓を強化します。 作り方:ご飯を洗い、鍋に入れ、適量の水を加え、ゆっくり火で炊きます。お粥が半分炊き上がったら、お粥を取り除き、牛乳と砂糖を加えてお粥を作ります。空腹時に温かい朝食と夕食を食べる方が良いです。
ダイエットタブー:1。豆、ピーナッツ、トウモロコシなどの固くて消化しにくい食品は避けてください。2.揚げ物、揚げ物、燻製、ロースト、脂っこい、甘すぎる食べ物は食べないでください。3.ゴマ、ゴマ油、ねぎ、生姜、あらゆる種類の芳香性調味料は食べないでください。
推奨される食事を避ける理由食品回避の理由
ピーナッツは 消化しにくく、そのような食品の過度の消費を避け、消費を 最小限に抑えます
小ゴマ は食物の停滞がなく、脾臓と胃が弱くなり、動きと変形が失われ、気と体液の喪失と内臓のジストロフィーを引き起こします。 脂っこくて甘すぎる食べ物は避けてください。
生姜 は辛味のある調味料です。栄養素なし
過剰摂取しないでください。進行性脂質栄養失調の食事原則

進行性脂肪異栄養症ダイエットヘルスケア

毎日の食事にもっと注意を払う食事に高脂肪食品を避ける;大豆製品、卵、赤身の肉などの適度に高タンパクの食品を食べる;部分的な日食がない;果物や野菜をもっと食べる。

  1. 進行性脂肪異栄養症の看護-看護予防策-ダイエットタブー
  2. 進行性脂肪異栄養症の合併症、進行性脂肪異栄養症はどのような病気を引き起こしますか?
  3. 進行性脂肪異栄養症の症状、初期症状および進行性脂肪異栄養症の徴候
  4. 進行性脂肪異栄養症を診断して区別する方法-進行性脂肪異栄養症は病気を混乱させるのは簡単です
  5. 進行性脂肪異栄養症の原因、進行性脂肪異栄養症の原因は何ですか

お問い合わせ