遠位尿細管性アシドーシスの検査および遠位尿細管性アシドーシスの診断

遠位尿細管性アシドーシスの検査および遠位尿細管性アシドーシスの診断

  • 2021-08-01 17:16:51
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 遠端尿細管性アシドーシスの原因、遠端尿細管性アシドーシスにはどのような原因があるのか
  2. 遠端尿細管性アシドーシスを予防する方法遠端尿細管性アシドーシスのケア対策

遠位尿細管性アシドーシスの一般的検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
血液電解質血液血管血液目的は...
二酸化炭素分圧血液血管呼吸二酸化炭素分圧...
尿β2ミクログロブリン腎臓----臨床検査では...
動脈血ガス分析血液血管全身血液動脈血ガス分析...
尿酸塩基度腎尿管検査課尿の酸度つまり尿...
遠位尿細管性アシドーシスの検査

一、検査

1.尿pH測定尿pHは尿中H量を反映し、

RTA時、血pH 【小于】 7.35であるが、尿pHは6.0以上であり、6.5、7.0以上である。尿のpHを測定するにはpH計を用いなければならない。尿pHのみを測定するには一定の制限性があり、尿pH 【小于】 5.5は尿酸化機能が一定に完全であることを説明することができなく、もし患者がNH4の分泌障害があるならば、少量のHはNH3と結合してNH4になることができなくて、尿pHは依然として 【小于】 5.5であることができて、そのため同時に尿pHと尿NH4を測定して、総合的な分析、判断するべきである。

2.尿滴定酸および尿NH4の測定

遠位尿細管から分泌されるHの大部分はNH3と結合してNH4として排出され、他の部分は滴定可能な酸として排出される。したがって、尿滴定酸とNH4の和は腎臓の純酸排泄量を代表する。体内の酸性物質が増加した場合、正常な人の尿pHは5.5未満であり、尿中の滴定酸とNH4の排出率はそれぞれ25µmol/minと39µmol/minに達することができ、遠位尿細管アシドーシスの場合、両者は明らかに低下した。

3.尿電解質および尿陰イオン間隙測定

DRTAの多くは尿ナトリウム排泄の増加及び尿カルシウムの増加があり、尿Ca2/Cr>0.21、24h尿カルシウム>4mg/(kg・d)であった。尿陰イオン間隙=Na K−Cl−は尿NH4レベルを反映し、正の値であれば尿NH4排泄の減少を示唆する。尿pH>6.0、HCO−排泄分数 【小于】 5%、尿NH4 【小于】 500mmol/d、24時間尿Na、K、Ca2の排出が増加した。

4.血液ガス分析および電解質測定

DRTAの典型的な変化は高塩素血症性陰イオン間隙が正常な代謝性アシドーシスである。不完全なDRTAは代償性代謝性アシドーシスまたは正常であることがある。血陰イオン間隙(anion gap,AG)=Na K−(Cl−HCO3−)、正常は8〜16mmol/Lであり、増加は体内の無機酸根(例えば硝酸根、硫酸根)と(あるいは)有機酸イオンなどの酸性産物が留まることを示し、RTA時にCl−がHCO3−の減少を代償するため、AGは正常である。血中カリウム低下もDRTAの重要な表現であり、不完全性DRTAの唯一の表現である。血中ナトリウムと血中カルシウムは正常あるいは低下した。

5.尿の二酸化炭素分圧検査

正常な人に炭酸水素ナトリウムまたは中性リン酸塩を投与すると、遠位小管に到達したHCO3−またはHPO24−が増加し、前者がHと結合してHCO3−を生成する。後者はHと結合してHPO24−を生成し、さらにHCO3−とHCO3−を生成してCO2を生成し、尿CO2分圧を高くする。DRTA時の水素分泌障害により尿CO2が上昇せず、尿CO2分圧と血CO2分圧の差<20mmHg,正常人>30mmHg.

6.24hクエン酸

DRTAはしばしば低下する。

7.血液検査

主に血K、Ca2、Na、PO43−が低く、血Cl−が高くなり、血漿HCO3−が減少し、CO2結合力が低下した。

8.画像学的検査

骨の病気の情況を調べ、腎臓結石を発見することができる。

9.超音波検査

腎臓の石灰化と結石の有無を知ることができる。

  1. 遠位尿細管性アシドーシスのケア−ケア上の注意点−食事の禁忌
  2. 遠端尿細管性アシドーシスの紹介−症状−治療−ケア−食事−
  3. 遠端尿細管性アシドーシスの食事、食事療法、遠端尿細管性アシドーシスは何を食べればいいのか
  4. 遠位尿細管性アシドーシスの症状、遠位尿細管性アシドーシスの早期症状、徴候
  5. 遠端尿細管性アシドーシスの合併症と、遠端尿細管性アシドーシスはどんな病気を引き起こすのか

お問い合わせ