遺伝性対称性色素異常症の食事・食事療法遺伝性対称性色素異常症何を食べればいいのか

遺伝性対称性色素異常症の食事・食事療法遺伝性対称性色素異常症何を食べればいいのか

  • 2021-09-09 01:18:49
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 遺伝性対称性色素異常症の症状、遺伝性対称性色素異常症の早期症状、バイタルサイン
  2. 遺伝性対称性色素異常症紹介−症状−治療−ケア−食事


遺伝性対称性色素異常症の食事は禁物

飲食适当:1、よく活血類食品を食べます;、2、軽い食事を維持し、新鮮な野菜と果物を食べる;、3、多くの清熱類食品を食べる;、4、免疫作用を高める食品を多く食べるようにしましょう。
食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
サンザシサンザシは消化を助けるし、活血作用もある。生で食べたり、ジャムケーキにしたりすることができます。
スッポンスッポンには蛋白質、無機塩、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、炭水化物、脂肪をはじめ多くの栄養成分が豊富に含まれているので、病気の完治を促すことができる。ソテーは、毎回10~30g。
ゴマゴマには脂肪やたんぱく質が多く含まれており、抗白斑作用があります。菓子の餡、菓子、焼餅の生地などの料理原料も料理原料にすることができる。
食事の禁忌:1、動物の蛋白性食品を食べる;、2、断食髪物;、3、コーヒーなどの興奮性飲料を忌む、4、辛くて刺激的な食べ物を避ける;、5、カビを避け、食品を漬け込む、6、揚げ物や脂っこいものは避ける。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
脂身油条は湿熱を増加させる作用があり、病状の治療に不利である。クリームやバター、チョコレートも少なめにしたほうがいい。
えびエビは髪の毛で、食後にかゆみや炎症を悪化させる。カニ、鶏の頭、豚の頭の肉、ガチョウの肉、手羽先、鶏の爪なども控えたほうがいい。
唐辛子トウガラシは炎症が広がり、かゆみがひどくなるので、食べるのを控えるべきだ。ネギやニンニク、わさびも少なめにしたほうがいい。
遺伝性対称性色素異常症の食事原則

新鮮な野菜、果物を多く食べ、栄養を強化するように注意し、卵、牛乳、豆乳などの高タンパク食品を多く食べるようにしてください。辛くて刺激的な食べ物、例えば唐辛子、こしょう、酒類、生ネギ、ショウガ、ニンニクなどを禁じる。牛羊肉、パクチー、香椿などの忌発物。毛髪は潰瘍面の治癒時間を遅らせることができる。パクチー、セロリの長食は光アレルギーを引き起こし、患者顔面の紅斑皮膚損傷を加重させるため、食用に適さない。

  1. 遺伝性対称性色素異常症を予防するには
  2. 遺伝性対称性色素異常症の病因、遺伝性対称性色素異常症にはどのような原因があるのか
  3. 遺伝性対称性色素異常症の診断と鑑別−遺伝性対称性色素異常症紛らわしい疾患−
  4. 遺伝性対称性色素異常症の治療法遺伝性対称性色素異常症の治療法遺伝性対称性色素異常症の治療法
  5. 遺伝性対称性色素異常症検査、遺伝性対称性色素異常症診断

お問い合わせ