鈍挫傷の看護−看護上の注意−食事の禁忌

鈍挫傷の看護−看護上の注意−食事の禁忌

  • 2021-08-14 23:43:47
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 「鈍い挫傷の治療法」「鈍い挫傷の治療法」「鈍い挫傷の治療法」
  2. 鈍い挫傷の食事、食事療法、鈍い挫傷は何を食べればいいのか

挫傷一般看護

鈍挫傷から24時間以内に、血液は目の周囲の皮膚に漏れ、皮下の青紫色、俗に黒眼(パンダ眼)と呼ばれることがよくある。表面の皮膚血管が破裂すれば、赤色の外観が現れ、この場合は一般的に出血量が少ない。

鈍挫傷による眼内組織の損傷は、表面組織の損傷よりも重大であることが多い。血液が前房に入る(外傷性前房に血が溜まる)ことは視力に対して一定の潜在的な危害性があり、眼科医に診察と治療を受けるべきである。眼内圧の上昇に伴う反復性前房出血は角膜血染めを引き起こし、視力を低下させるだけでなく、今後一生の間に緑内障を発症する可能性もある。

血液が眼内に漏れることもあり、虹彩(目の色付きの膜)が裂け、水晶体が脱臼することもあり、出血が網膜に生じることもある。また、眼底の内面を覆っている網膜が剥離することもある。網膜剥離の早期には、物像が不規則になり、あるいは浮遊状になり、同時に閃光、視力がぼやけることがあり、その後視力が急速に低下する。重度の眼挫傷では、眼球自体が破裂することもある。

  1. 鈍い打撲の原因鈍い打撲にはどんな原因があるのか
  2. 鈍い打撲を予防するにはどうすればよいか、鈍い打撲のケア策
  3. 鈍い挫傷の合併症、鈍い挫傷がどんな病気を引き起こすか
  4. 挫傷の検査、挫傷の診断
  5. 挫傷の紹介-症状-治療-看護-食事

お問い合わせ