鈍い挫傷の食事、食事療法、鈍い挫傷は何を食べればいいのか

鈍い挫傷の食事、食事療法、鈍い挫傷は何を食べればいいのか

  • 2021-08-14 23:44:02
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 鈍挫傷の診断と鑑別-鈍挫傷は混同されやすい疾患
  2. 鈍挫傷の検査、鈍挫傷の診断

挫傷飲食の原則

1)三七シチュー卵:生三七3グラム、丹参10グラム、卵2匹、水を加えて一緒にゆでる。卵が熟したら殻をむいてから一緒に煮て、薬性が完全に煮出した後、卵を飲んでスープを飲んで、毎日1材料。

(2)三七鶏湯:生三七末6グラム、子鶏1羽(約1 000グラム)。一般的に鶏を整理した後、とろ火で煮込んで熟れるまで、しょうが、ネギ、塩で味をつけて、鶏とスープを食べて、毎回、鶏スープで2グラムの三七末、毎日2-3回。

目の外傷後は特に食事に気をつける必要はなく、スパイシーな食品を控えればよいが、ポイントは傷後の正しい処置だ。

以上の資料は参考までに、詳しくは医師にお問い合わせください。

  1. 鈍い挫傷の合併症、鈍い挫傷がどんな病気を引き起こすか
  2. 鈍挫傷の紹介-症状-治療-看護-食事
  3. 鈍い打撲の原因鈍い打撲にはどんな原因があるのか
  4. 鈍い打撲を予防するにはどうすればよいか、鈍い打撲のケア策
  5. 鈍挫傷の看護−看護上の注意−食事の禁忌

お問い合わせ