雪盲受診ガイド−雪盲

雪盲受診ガイド−雪盲

  • 2021-08-15 01:13:45
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 雪盲の症状早期症状バイタルサイン
  2. 雪盲の治療方法、雪盲の治療方法、雪盲の薬
雪盲受診コンパスは雪盲患者が病院を受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:雪盲は何科の番号をかけますか?雪盲検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。雪盲はどのような検査をしますか?雪盲検査の結果はどう思いますか?待ってくれ。雪盲受診ガイドは雪盲患者の受診を便利にし、雪盲患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的としている。
典型的な症状
光を恐れ涙を流し結膜の充血を
診療科の受診を勧める
眼科、漢方医学
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来診療:毎週再診して、光低下後、不調を伴って診察した。重症者は入院治療で涙が減少した後、外来治療に移る必要がある。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、光が怖い、涙が出る、目が開けられないなどの症状が伴う?
4、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の結果は何ですか。
5、治療の様子はどうですか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.眼球と眼窩の超音波検査
眼球と眼窩の超音波検査は主に眼内白瞳孔、先天性白内障網膜剥離、網膜芽細胞腫、滲出性網膜炎、結晶後線維増生、先天性第一硝子体永久保存及び全身感染による目の前房膿瘍、硝子体膿瘍などの眼窩内炎症を診断する検査である。
2.眼科検査
眼付属器と前眼部検査を含む眼の一般的な検査。
3.眼窩部CT検査
眼と眼窩部のCT検査はCTによる眼と眼窩部を検査する1種の方法である。CTスキャンは高解像度、切断面画像及びグレイスケール眼部画像を提供することができ、X線をエネルギー源として人体の層面画像を表示する。現在CTはすでに非常に普及して、眼科疾病の診断に1種の優れた検査方法を提供した。しかし、様々な原因により、眼部病変のCT分析と診断にはまだ多くの問題が存在している。眼内疾患の診断には超音波がCTより優れており、眼窩病変の診断にはCTが超音波より優れている。本文は眼窩病変のCT診断上のいくつかの問題について討論し、そして診断と関連するCTの基礎知識を紹介し、これは眼部CTの全面的な分析に対して非常に重要である。
しんだんきじゅん
機械性或いは非機械性外傷と鑑別し、機械性傷であれば、眼球打撲傷、眼球穿通傷或いは付属器傷、眼球内或いは眼窩内、眼瞼内異物の有無、非機械性傷であれば、物理性或いは化学性傷と鑑別すべきである。


  1. 雪盲のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 雪盲の原因、雪盲にはどのような原因があるのか
  3. 雪盲の合併症、雪盲がどのような病気を引き起こすのか
  4. 雪盲の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 雪盲の診断と鑑別-雪盲は紛らわしい病気

お問い合わせ