露出性角膜炎の原因、露出性角膜炎にはどのような原因があるのか

露出性角膜炎の原因、露出性角膜炎にはどのような原因があるのか

  • 2021-08-14 23:36:37
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 曝露性角膜炎のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  2. 曝露性角膜炎の紹介−症状−治療−ケア−食事

露出性角膜炎の病因主な病因:甲状腺、下垂体、眼窩腫瘍による引き起こし、瘢痕性眼瞼外反、眼窩骨髄炎、骨質欠損、瘢痕性癒着など

一、病因

疾病要因(35%):

露出性角膜炎は角膜がまぶたの保護を失って空気中に露出し、乾燥、上皮脱落、さらに続発感染を引き起こす角膜炎症である。よく見られる原因は主に眼瞼欠損、眼球突出、瘢痕性眼瞼外反、上眼瞼下垂矯正手術後の上眼瞼滞留と眼瞼閉鎖不全、顔面神経麻痺、深い麻酔或いは深い昏睡などを含む。

手術麻酔(30%):

麻酔期間中、麻酔薬品の筋弛緩作用により眼瞼が弛緩し、眼瞼の正常性閉鎖を解消し、もし手術時間が比較的に長くて角膜が露出すると露出性角膜炎を引き起こし、患者は光を恐れ、涙を流し、結膜炎と異物感のある限局性眼痛が出現するため、麻酔後に相応の眼保護措置を取るべきである。

全身麻酔、昏睡或いは不全の患者は、角膜の知覚を失い、瞬目反射が消失し、機能性眼瞼閉鎖不全も出現し、角膜表面の露出により、涙液の蒸発速度が速すぎ、角膜上皮の乾燥、粗雑、壊死脱落、潰瘍或いは角膜上皮角質変性、基質浸潤混濁を伴う。角膜知覚減退のため、手術室内の微細塵などの異物の侵入を阻止することができず、損傷しやすく、甚だしきに至っては続発細菌と真菌感染である。

医原性損傷(28%):

頭部と顔面の手術の時、無影灯が持続的に照射して、強い光線とその熱を発散して角膜の乾燥を招きやすい;また、術中無菌包帯材は頭部を厳重に包み、手術時間が長すぎ、手術操作時に摩擦が生じ無菌包帯材上の繊維屑が脱落し、露出した角膜の損傷を招き、角膜表面の乾燥、上皮の脱落を招き、結膜の充血を招き、露出性角膜炎を引き起こす。

  1. 露出性角膜炎の合併症、露出性角膜炎がどんな病気を引き起こすか
  2. 露出性角膜炎の症状、露出性角膜炎の初期症状、バイタルサイン
  3. 曝露性角膜炎を予防するにはどうすればよいか、曝露性角膜炎のケア策
  4. 曝露性角膜炎の診断と鑑別−曝露性角膜炎の紛らわしい疾患−
  5. 露出性角膜炎の治療方法,露出性角膜炎の治療方法,露出性角膜炎の薬
分類

お問い合わせ