非アドレナリン過形成性偽両性奇形の症状、非アドレナリン過形成性偽両性奇形の初期症状、徴候

非アドレナリン過形成性偽両性奇形の症状、非アドレナリン過形成性偽両性奇形の初期症状、徴候

  • 2021-09-11 08:45:34
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 非アドレナリン過形成性偽両性奇形の治療法,非アドレナリン過形成性偽両性奇形の治療法,非アドレナリン過形成性偽両性奇形の治療法,非アドレナリン過形成性偽両性奇形の薬
  2. 非アドレナリン過形成性偽両性奇形のケア−ケア上の注意点−食事の禁忌

非アドレナリン過形成性偽両性奇形の症状

典型的な症状:胎児発育異常

関連症状:男性化発育性奇形

一、症状

妊娠中の様々な時期にエストロゲンを服用すると、女性胎児の男性化に与える影響も一様ではない。妊娠12週前に性ホルモンを服用すると、唇嚢の閉鎖が顕著になります;性ホルモン投与が妊娠12週以降であれば、クリトリスの増大は比較的顕著であり、膣口が尿道に開口することもあるが、まれである。アンドロゲン投与後の女性胎児は男性化の程度が軽く、生後に増大したクリトリスは徐々に縮小することができるようだ。

二、診断

診断根拠:①女性乳児は出生後の外性器両性奇形。②母親は妊娠中に性ホルモン剤を投与した歴史がある。③母親に男性化症状があるかないか。④卵巣や副腎の画像検査で腫瘍が見つかった。⑤女児の出生後の成長発育は正常で、正常な思春期発育があり、E2合成障害による体格や代謝異常はなかった。

  1. 非アドレナリン増殖性偽両性奇形の病因、非アドレナリン増殖性偽両性奇形にはどのような原因があるのか
  2. 非アドレナリン過形成性偽両性奇形の合併症、非アドレナリン過形成性偽両性奇形はどんな病気を引き起こすのか
  3. 非アドレナリン過形成性偽両性奇形の検査および非アドレナリン過形成性偽両性奇形の診断
  4. 非アドレナリン過形成性偽両性奇形の食事、食事療法、非アドレナリン過形成性偽両性奇形は何を食べればよいのか
  5. 非アドレナリン過形成性偽両性奇形をどのように診断・鑑別するか−非アドレナリン過形成性偽両性奇形混同しやすい疾患−

お問い合わせ