頭蓋内黒色腫の治療、頭蓋内黒色腫の方法、頭蓋内黒色腫の投薬

頭蓋内黒色腫の治療、頭蓋内黒色腫の方法、頭蓋内黒色腫の投薬

  • 2021-10-14 22:23:38
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 頭蓋内黒色腫の原因、頭蓋内黒色腫の原因は何ですか
  2. 頭蓋内黒色腫の予防方法、頭蓋内黒色腫の看護対策

頭蓋内黒色腫の診断と治療に関する知識

治療部門:脳外科腫瘍学部門治療費:市内の上位3病院で約50,000〜80,000治療率:治療サイクル:治療方法:手術、放射線療法、化学療法 頭蓋内黒色腫の一般的な治療

頭蓋内黒色腫の西洋医学治療

一つ、治療

頭蓋内黒色腫の急速な増殖、非常に高度な悪性腫瘍、および頭蓋内移植および中枢神経系への転移が非常に容易であるため、現在、治療は困難である。頭蓋内黒色腫のほとんどの患者は、手術後1年以上生存できますが、非外科的治療の生存期間は5か月です。したがって、頭蓋内黒色腫患者の主な治療法は依然として外科的治療です。

頭蓋内圧が著しく上昇し、CTまたはMRIで空間占有効果がある場合は、外科的に治療し、必要に応じて、病変葉と一緒に切除する必要があります。手術中は、腫瘍細胞の拡散や転移を防ぐために、周囲の脳組織の保護に注意を払う必要があります。脳室系の移動を防ぐために、心室への切り込みを避けるようにしてください。CTまたはMRIに対する空間占有効果は明ら​​かではありませんが、頭蓋内圧亢進の症状は重度であり、心室は拡大しています。心室腹部シャントは頭蓋内圧亢進症を緩和するために使用できますが、腫瘍領域はできるだけ避ける必要があります。心室または腹部インプラントの移動を防ぐために、心室穿刺中に可能な限り。近年、放射線療法および化学療法と組み合わせた腫瘍の外科的除去の使用は、患者の寿命を延ばす上で前向きな役割を果たしてきました。近年、一部の人々は免疫療法を使用し、満足のいく結果を達成しています。

頭蓋内黒色腫は悪性度が高いため、境界がはっきりしない場合があり、移植や転移が容易で、術後の再発を避けることは困難です。手術中は、周囲の脳組織を保護するように注意し、綿のパッドを使用して腫瘍領域を他の部分、特に脳脊髄チャネルから分離し、フラッシング液を適時に吸引してこぼれを防ぎます。これにより、腫瘍細胞が広がる可能性を減らすことができます。と植栽。重要でない機能領域で腫瘍を完全に切除するようにしてください。腫瘍や断片が散在している可能性がある場合は、手術後に適時に放射線療法を受けてください。

2.予後

頭蓋内黒色腫は非常に悪性であり、予後は不良です。Wang Ruiによって報告された18例のうち、16例が死亡し、14例が術後1年以内に死亡した。Xu Taoは、頭蓋内黒色腫の5例がすべて手術後1年で死亡したと報告しました。

  1. 頭蓋内黒色腫の合併症、頭蓋内黒色腫はどのような病気を引き起こす可能性がありますか?
  2. 頭蓋内黒色腫の症状、頭蓋内黒色腫の初期症状および徴候
  3. 頭蓋内黒色腫の看護-看護のための注意事項-ダイエットタブー
  4. 頭蓋内黒色腫の紹介-症状-治療-看護-食事療法
  5. 頭蓋内黒色腫の食事療法、食事療法、頭蓋内黒色腫のために何を食べるか
分類

お問い合わせ