頭蓋内黒色腫の原因、頭蓋内黒色腫の原因は何ですか

頭蓋内黒色腫の原因、頭蓋内黒色腫の原因は何ですか

  • 2021-10-14 22:20:48
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 頭蓋内黒色腫の治療、頭蓋内黒色腫の方法、頭蓋内黒色腫の投薬
  2. 頭蓋内黒色腫の看護-看護のための注意事項-ダイエットタブー

頭蓋内黒色腫の主な原因:皮膚、粘膜、網膜などに発生し、脳に転移した黒色腫

頭蓋内黒色腫の原因

1.病気の原因

表面悪性黒色腫は主に皮膚、粘膜、網膜などに発生し、脳に転移して続発性頭蓋内黒色腫になります。原発性頭蓋内黒色腫もありますが、まれです。

2.病因

頭蓋内黒色腫細胞は、主に脳の底と大脳皮質の裂け目に見られます。原発性頭蓋内黒色腫は、軟膜メラニン小胞またはくも膜メラノサイトに由来し、髄膜を通って広がり、脳実質に広がり、直接着床または血性転移の形をとる。脳内腫瘍はしばしば複数であり、髄膜、くも膜、大脳皮質および皮質下領域に広く分布しています。頭蓋内転移性黒色腫は血流とともに分布します。主に脳病変では、髄膜転移も同時に発生する可能性があります。重度の頭蓋内黒色腫は中枢神経系全体に影響を与える可能性があります。悪性度の高いものは、頭蓋骨や脊髄組織にまで侵入する可能性があります。腫瘍組織はまた、脳表面の血管に浸潤して侵食し、広範囲のくも膜下出血を引き起こす可能性があります。

頭蓋内黒色腫が原発性であるか続発性であるかを組織病理学的検査だけで判断することは困難です。2つは基本的に組織形態が同じだからです。腫瘍は灰黒色で、腫瘍部位が異なるため形状が異なります。脳の腫瘍は結節性で境界がはっきりしていることが多く、髄膜または皮質下の腫瘍はびまん性または絨毯のようなものです。近位頭蓋底がしばしば末梢脳神経を取り囲み、複数の脳神経損傷を引き起こす場合、脊髄に侵入する人は、対応するセグメントの脊髄神経根の症状を伴うことがよくあります。顕微鏡検査では、腫瘍細胞は紡錘状または多形であり、核は円形または楕円形であり、多くの場合、色素で覆われているか、片側が圧迫されており、有糸分裂はほとんどありません。細胞質には顆粒状または塊状のメラニンがあり、腫瘍細胞は特定の方法で配置されておらず、くも膜下腔に集まるか、血管に沿って外側に伸びています。頭蓋内黒色腫は、組織形成、形態および生物学的挙動の点で髄膜腫と区別するのが困難です。

  1. 頭蓋内黒色腫の予防方法、頭蓋内黒色腫の看護対策
  2. 頭蓋内黒色腫の合併症、頭蓋内黒色腫はどのような病気を引き起こす可能性がありますか?
  3. 頭蓋内黒色腫の症状、頭蓋内黒色腫の初期症状および徴候
  4. 頭蓋内黒色腫の紹介-症状-治療-看護-食事療法
  5. 頭蓋内黒色腫の食事療法、食事療法、頭蓋内黒色腫のために何を食べるか
分類

お問い合わせ