顎下隙間感染の食事、食事療法、顎下隙間感染は何を食べればいいのか

顎下隙間感染の食事、食事療法、顎下隙間感染は何を食べればいいのか

  • 2021-08-14 23:52:40
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 顎下間隙感染の紹介−症状−治療−看護−食事
  2. 顎下隙間感染の原因、顎下隙間感染にはどのような原因があるのか

顎下隙間感染飲食は禁物

飲食适当:1は良質のたんぱく質の食品を豊富に食べるべきです;、2、抗菌、消炎の食品を食べるべきです;、3.食物繊維を食べるべきです。

食するに適した食物食べるべき理由食用推奨事項
烏魚のスープイカには油脂のたんぱく質、カルシウムやリンなど人体に必要な微量元素が豊富に含まれており、免疫力を高め、抗病力を高めるなどの効果があり、患者の回復に役立つ。毎日200~300グラムのシチューを飲むと栄養吸収率がよくなります。
レモンレモンは大量のビタミンCを豊富に含んでいて、暑い時の抗生物質のようで、抗菌消炎の作用があり、炎症感染の患者のために、一定の補助治療の作用があります。1日350〜500mlの水に浸して飲むのがよい。
トウガントウガンは食物繊維類に属する食物で、腸の粘膜に吸収されやすく、消化不良や食欲増進作用もあり、患者の体の回復にも役立つ。1日200~300グラムが適当で、炒めて食べるのがよい。
食事の禁忌:1つの食べやすい食べ物;、唐辛子、油条、ポテト、2ラード、脂身、羊油のような油を豊富に含む食物を食べることは禁物です。3塩漬けにしたものを食べるのは禁物です。塩漬け卵、塩漬け魚、塩漬け肉など。
食物を禁ずる忌避理由禁食勧告
唐辛子トウガラシは火がつきやすい食べ物で、のどの痛みや口の乾きを引き起こし、微生物が侵入しやすく、感染を悪化させ、回復に不利になる。冷たいものを食べるのがよい。 【小于】 /i>
羊油羊油は大量の油脂を豊富に含んでいる食物で、ビタミンを滋養しやすく、炎症感染を悪化させ、患者の回復に不利である。低脂肪のものを食べるのがよい。
ベーコンベーコンは塩や肉を大量に塩漬けにしたもので、塩の量が多いと口を刺激しやすく、唾液腺が大量に分泌されて炎症部位の回復を妨げます。塩分の少ないものを食べるのがよい。
顎下間隙感染食の原則

顎下隙間感染の食事療法:(以下の資料は参考にして、詳しいことは医師に相談する必要がある)。

1、清蒸しユリ:新鮮なユリはきれいに洗って、蒸して食べることができて、連続して服用することができます。

2、茅根サトウキビ水:サトウキビ500グラム(スライス)、白茅根150グラム、水煎じ代茶飲。

3、ナツメ肉丸い肉クコのこ粥:ナツメ肉15グラム、丸い肉20グラム、クコのこ20グラム、うるち米100グラム、粥を煮て、粥が煮終わった後に适量の白砂糖を加えて味をつけて服用します。1日2回。

4、熟地なまこのスープ:熟地30グラム、なまこ60グラム、同じく入れて煮込んで、清水适量を加えて、とろ火で2時間煮込んで味をつけて食べます。

顎下隙間感染飲食は禁物

1、飲食はあっさりしているのがよくて、清涼の品を多く食べるべきで、例えば新鮮な野菜、雪梨など、その中のわさび菜、セロリ、甕菜、ナズナなど。

2、酒とたばこをやめる。

3、辛い刺激食品。

4、ネギ、ニンニク、エビ、カニを避け、卵やその他の毒邪の食品を食べる。

  1. 顎下隙間感染を予防するにはどうすればよいか、顎下隙間感染のケア対策
  2. 顎下間隙感染の診断と鑑別−顎下間隙感染の混同しやすい疾患−
  3. あご下隙感染の治療方法あご下隙感染の治療方法あご下隙感染の薬
  4. 顎下隙間感染検査、顎下隙間感染診断
  5. 顎下間隙感染のケア−ケア上の注意−食事の禁忌

お問い合わせ