髄膜転移ダイエット、ダイエット、髄膜転移のために何を食べるか

髄膜転移ダイエット、ダイエット、髄膜転移のために何を食べるか

  • 2021-10-14 22:07:31
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 髄膜転移の症状、髄膜転移の初期症状および徴候
  2. 髄膜転移の合併症、髄膜転移はどのような病気を引き起こしますか?

髄膜転移性腫瘍の食事療法は避けるべきです

適切な食事:1は頭蓋内圧を下げる食品を食べるべきであり、2は抗がん食品を食べるべきであり、3は免疫力を高める食品を食べるべきです。

おすすめの食べ物と食べる理由
わかめ はマンニトールを配合した食品で、頭蓋内圧を下げる効果があり、頭蓋内圧亢進による頭痛、吐き気、嘔吐などの症状を和らげることができます。 1日あたり100〜300グラムが適切です。
ケール ケールグルコシノレートが豊富で、かつその分解物をスルフォラファンと呼ばれ、野菜の中で最も強力な抗がん成分である、これまでに見つかりました。 1日あたり100〜200グラムが適切です。
フナのスープフナ は高品質のタンパク質栄養素が豊富で、腸の栄養素の吸収を促進し、人間の免疫力を高め、耐病性を改善し、回復を助けることができます。 1日に200〜300グラムの煮込みスープを飲むことをお勧めします。
食事のタブー:1。塩漬け卵、塩漬け魚、ザワークラウトなどの漬物を食べないようにします。2。玉ねぎ、大豆、太郎など、ガスを出しやすい食べ物を食べないようにします。3。辛い食べ物を食べないようにします。コショウ、コショウ、そして鋭いコショウ。
推奨される食事を避ける理由食品回避の理由
塩漬けの 塩漬けの魚には塩分が多く含まれているため、水分やナトリウムの貯蔵が容易になり、浮腫、頭蓋内圧亢進症の悪化、患者の身体的不快感の悪化につながる可能性があります。減塩食品を食べることをお勧めします。
大豆 大豆は比較的ガスを発生しやすい食品であり、腸や腹部の膨満につながりやすく、栄養素の吸収に影響を及ぼし、患者の回復にはつながりません。 ガスを出さない食品を食べることをお勧めします。
チリ 唐辛子は簡単に、胃腸の粘膜を刺激渋滞を引き起こし、栄養吸収、鼓腸を引き起こし、腫れ、および回復に助長されていません免疫が低下し、比較的刺激性食品です。
消化吸収しやすい軽い食べ物を食べることをお勧めします。髄膜転移の食事療法の原則

髄膜転移の食事療法と健康管理

食事は定期的かつ合理的、つまり高タンパク、高ビタミンの食品でなければなりません。牛乳、卵、魚、赤身の肉、さまざまな大豆製品など、栄養価の高い植物性または動物性タンパク質を選択してください。あらゆる種類の新鮮な野菜や果物はビタミンが豊富で、栄養価が高いです。

  1. 髄膜転移の治療、髄膜転移をどうするか、髄膜転移の薬
  2. 髄膜転移の病因、髄膜転移の原因は何ですか
  3. 髄膜転移の看護-看護上の注意-ダイエットタブー
  4. 髄膜転移の紹介-症状-治療-看護-食事療法
  5. 髄膜転移を予防する方法、髄膜転移の看護対策
分類

お問い合わせ