高齢者の急性非リンパ性白血病の検査及び高齢者の急性非リンパ性白血病の診断

高齢者の急性非リンパ性白血病の検査及び高齢者の急性非リンパ性白血病の診断

  • 2021-08-02 15:45:23
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 高齢者急性非リンパ性白血病の予防方法高齢者急性非リンパ性白血病の看護対策
  2. 高齢者急性非リンパ球性白血病の治療方法、高齢者急性非リンパ球性白血病の治療方法、高齢者急性非リンパ球性白血病の薬

高齢者急性非リンパ球性白血病のよくある検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
有核赤血球血液血管----有核赤血球対...
血液生化学六項血液血管血液保健課。血中尿素と筋...
骨髄リンパ球系骨髄検査科麻酔科骨髄細胞診...
高齢者急性非リンパ性白血病の検査

1.末梢血像

発症時の末梢血白血球数は高低差があるが、全体の白血球増高はALLに比べ少なく、特にM3亜型急性前骨髄球性白血病では発症時の末梢血白血球数が半数程度の症例があった<3*109/L,少数病例外周血可呈现明显的高白细胞计数(>100*109/L)、M4及びM5亜型に見られやすい。末梢血に白血病細胞が出現することがあり、このような細胞の細胞質中に棒状小体(Auer rod)が見られるならば、顆粒系或いは単核系細胞である。末梢血白血球数が低く、白血病細胞も出現しない非白血病性白血病型は、実際にはまれである。診断時に患者はよく中等度貧血があり、網赤血球が低下し、末梢血に有核赤血球が出現し、一般に遅幼赤血球である。血小板減少は常に顕著であり、DICを合併すると血小板減少がさらに見られる。

2.骨髄像

多数の病例は有核細胞の増殖が明らかに活発であり、そして大量の白血病細胞が出現し、少数の病例は骨髄有核細胞の増殖が低下し、この類の病例の末梢血も同時に白血球数の減少を示した。骨髄内の白血病細胞の割合は骨髄増殖で低下する急性白血病と呼ばれる低原細胞率の症例では、40%未満となることもあります。赤血球前駆細胞は巨大幼若様変化があり、特に赤白血病の病例或いは急性非淋血性白血病骨髄造血異常症候群に見られる。赤血球の増生はANLL(M6型を除く)では抑制されることが多く、巨核球系も抑制されていた。

3.細胞化学

4.血液生化学

(1)高尿酸血症

半数のANLL症例あるいは白血病細胞破壊溶解時に見られる。

(2)リゾチームの上昇:

単球性白血病M4とM5に見られ、リゾチーム高すぎは腎小管損害を招く可能性があり、臨床では警戒が必要である。

(3)播種性血管内凝固に関する検査:

ANLL者のDICはALL者より多く、特にM3亜型者の場合、実験室検査は常に血小板減少を示しているが、ANLL診断時、多数の病例はすでに明らかな血小板減少を呈しているため、このパラメーターは白血病症例にDICを合併する時の参考価値は大きくない。DIC時にフィブリノーゲンが低下し、プロトロンビン時間が延長し、フィブリン分解産物が増加し、血漿プロタミン副凝固試験が陽性であり、そして第5因子が減少した。(4)細胞コロニー形成:白血病細胞のコロニー形成は5つに分類される:①未成長型;②小クラスター型;③大集合型;④クラスターとコロニーの比が異常に高くなる型;⑤クラスター、コロニーの割合が正常型。そのうち①、③、④型は化学療法に対する反応が悪い。しかし、③型のみの予後が悪いことも報告されている。

X線検査:胸部レントゲンにて前縦隔腫塊者は5%〜10%の症例を占め、胸腺腫大は胸腔液体貯留を伴うことが多い。このような症例はT細胞異常者によく見られる。

  1. 高齢者の急性非リンパ性白血病の症状、高齢者の急性非リンパ性白血病の早期症状、バイタルサイン
  2. 高齢者急性非リンパ性白血病のケア−ケアの注意点−食事のタブー
  3. 高齢者急性非リンパ性白血病の合併症、高齢者急性非リンパ性白血病はどんな病気を引き起こすのか
  4. 高齢者急性非リンパ性白血病の紹介−症状−治療−看護−食事
  5. 高齢者急性非リンパ球性白血病の病因、高齢者急性非リンパ球性白血病にはどのような原因があるのか
分類

お問い合わせ