鳥インフルエンザの紹介−症状−治療−看護−食事

鳥インフルエンザの紹介−症状−治療−看護−食事

  • 2021-06-27 19:51:40
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 鳥インフルエンザ症状早期症状バイタルサイン
  2. 鳥インフルエンザ治療法鳥インフルエンザ治療法

鳥インフルエンザの概要

鳥インフルエンザ(Bird FluあるいはAvian Influenza)は鳥インフルエンザの略称であり、それはA型インフルエンザウイルスの亜型(鳥インフルエンザウイルスとも呼ばれる)による伝染性疾病であり、国際獣疫事務局によってA類伝染病と定められ、真性鶏コレラあるいはヨーロッパ鶏コレラとも呼ばれる。ヒトに感染して発病を引き起こすこともあり、鳥インフルエンザウイルス感染あるいは鳥インフルエンザ病となり、ヒト感染後の症状は主に高熱、咳、鼻水、筋痛などで、多くは深刻な肺炎を伴い、重症者は心、腎臓などの多種の臓器不全により死亡する。ここ数年、中国の香港、広東省、甘粛省などでH5N1亜型高病原性鳥インフルエンザが発生したことがある。H7N9型鳥インフルエンザは新型の鳥インフルエンザで、2013年3月末に上海市と安徽省で初めて発見された。H7N9型鳥インフルエンザは世界で初めて発見された新しい亜型インフルエンザウイルスで、中国法定報告感染症モニタリング報告システムに組み込まれておらず、かつ2013年4月初めまでワクチンが発売されていなかった。このウイルスに感染した場合、いずれも早期に発熱などの症状が現れ、2013年4月までこのウイルスが人から人に感染する特性を持つかどうかは確認されていなかった。2013年4月8日17時現在、全国で28例の確定患者が報告されており、そのうち8人が死亡している。症例は上海(13例、死亡5例)、江蘇(8例、死亡1例)、安徽(2例)、浙江(5例、死亡2例)の4省市の17の地市級区域に分布している。

,

鳥インフルエンザの基礎知識

  • 医療保険の対象:いいえ
  • 別名:H7N9,H7N9鳥インフルエンザ,H7N9鳥インフルエンザ
  • 発症部位:全身
  • 伝染性:伝染性
  • 多数発生者:すべての人々
  • 関連症状:頭痛一過性のインフルエンザ様症状腹痛、鼻づまりの全血細胞減少
  • 合併疾患:ウイルス性肺炎心筋炎

  1. 鳥インフルエンザの予防方法鳥インフルエンザのケア対策
  2. 鳥インフルエンザのケア−ケア上の注意点−食のタブー
  3. 鳥インフルエンザの合併症、鳥インフルエンザがどのような病気を引き起こすのか
  4. 鳥インフルエンザの診断と鑑別-鳥インフルエンザの紛らわしい疾患
  5. 鳥インフルエンザの原因、鳥インフルエンザにはどのような原因があるのか

お問い合わせ