鳥インフルエンザの原因、鳥インフルエンザにはどのような原因があるのか

鳥インフルエンザの原因、鳥インフルエンザにはどのような原因があるのか

  • 2021-06-27 19:52:14
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 鳥インフルエンザのケア−ケア上の注意点−食のタブー
  2. 鳥インフルエンザの予防方法鳥インフルエンザのケア対策

鳥インフルエンザの原因

鳥インフルエンザ疾患

1.ヒト・鳥インフルエンザ

(以下、ヒト鳥インフルエンザと称する)は鳥A型インフルエンザウイルスのある亜型の株によって引き起こされる急性呼吸器伝染病である。

鳥インフルエンザ(AI)を引き起こす病原は鳥インフルエンザウイルス(AIV)で、このウイルスはオルソミクソウイルス科インフルエンザウイルス属に属する。

(1)ノルマルミクソウイルス科の特徴:

ノルマルミクソウイルスとパラミクソウイルス科のウイルスは多くの同じ特徴があり、すべてノイラミニダーゼ(NA)とヘマグルチニン(HA)を持って、いくつかの動物の赤血球を凝集することができる;いずれも気道系に対して病原性などを有し、特に両ウイルスはムコ多糖や糖タンパク質に対して特異的な親和性を有し、特に細胞表面のシアル酸を含む受容体に対して強い親和性を有する。

正ミクソウイルス科の中でただ一つの属、すなわちインフルエンザウイルス属、インフルエンザウイルス核タンパク質(NP)と基質タンパク質(MS)の抗原性の違いによって、それをA、B、Cの3つの血清型に分けて、それらの間の抗原の差は寒天拡散試験、補体結合試験などによって測定することができます。

A、B、Cの3型インフルエンザウイルスはその核蛋白と基質蛋白の抗原性が異なる以外、以下の異なる生物学的特性がある。

(2)A型インフルエンザウイルスは人に感染する可能性がある場合を除いて

また、馬、ブタ、鳥、アザラシなどの他の多くの種類の動物に感染し、B型は主に人に感染するが、C型もブタから分離することができ、(1)A型流染ウイルスの表面糖タンパク質はB型とC型より高い変異性を持っており、(2)形態的特徴と分子生物学的特徴については、A型とB型はともに8つの核酸断片を持っているが、C型のゲノムは7つの断片しかない。

インフルエンザウイルスのヘマグルチニンHAとノイラミニダーゼNAの抗原性の差異によって、また異なる亜型に分けることができ、現在、A型インフルエンザウイルスは15種類の特異的なHAと9種類の特異的なNAがある。

(3)鳥インフルエンザウイルス株分類:

AIVの株分類はHAとNAのサブタイプに基づいており、現在すでに15種のヘマグルチニンHAと9種のノイラミニダーゼNAが発見されており、これらはすべて鳥インフルエンザの分離物から異なる組み合わせで同定されたものであり、ウイルスのHAとNAを同定するために、1組の異なるサブタイプに特異的な抗血清を用い、分離物に対して血液凝固阻害(HI)とノイラミニダーゼ阻害(NA)試験を行う。

同一のサブタイプに属するウイルスの比較は、ニワトリとユキヒョウに感染した後の血清とモノクローナル抗体を用いて行い、モノクローナル抗体を用いて同種または異種の動物に出現する関連ウイルスを比較的詳細に比較し、その後、HI、酵素結合免疫吸着試験(DLISA)と中和試験によりウイルスを比較することができる。

(4)命名:

AIVの命名については、1971年にインフルエンザウイルス命名の標準体系が提案され、1980年に改訂され、インフルエンザウイルスの名前には、型(A、BまたはC)、宿主由来(ヒトを除く)、原産地、株番号(もしあれば)、分離年代が含まれ、HA(H)と(N)の抗原性の説明が後に括弧内に添付されている。

2.形態学

AIV粒子は一般的に球形で、直径は80〜120ナノメートルであるが、同じ直径の糸状の形態もよくあり、長短まちまちで、ウイルス粒子の表面には10〜12ナノメートルの密集したスパイク状物あるいは繊維状突起が被覆され、ウイルス嚢膜内には螺旋状のコアキャプシドがあり、2種類の異なる形状の表面スパイク状物はHA(棒状三量体)とNA(キノコ状四量体)である。

HAの作用はウイルス粒子を細胞表面受容体(シアル酸オリゴ糖)に吸着し、ウイルスの血液凝固活性と関連し、ウイルスの中和作用と抗感染保護において、抗HA抗体は非常に重要である;NA酵素活性は体内ノイラミン酸への作用により新生ウイルスが細胞から放出され、抗NA抗体が保護作用に重要である。

現在、血中凝集H2HAとノイラミン酸N2とN9NASの三次元構造を確定し、重要な抗原領域あるいはエピトープを明らかにした。

HAとNAおよびM2と呼ばれる小蛋白は宿主細胞質膜から誘導された脂質嚢膜に包埋され、ウイルス嚢膜の下は主要な構造蛋白M1であり、RNA分子の周囲に位置し、分子蛋白NPと3種類の大蛋白(PB1、PB2とPA)とRNA複製と転写を担当する。

ウイルスゲノムは、10個のウイルスタンパク質(HA、NA、NP、M1、M2、PB1、PB2、PA)をコードする負鎖8個の一本鎖RNA断片から構成され、分子量が最小のRNA断片は、細胞質内包体に関連する2個の非構造タンパク質、NS1とNS2をコードしているが、NS1とNS2の機能は不明である。

現在、H3、H5、H7を含むいくつかの鳥類亜型HA遺伝子のすべての配列と、すべての14のヘマグルチニン遺伝子の一部の配列が得られている。

3.化学組成

インフルエンザウイルス粒子は、約0.8%~1.1%のRNA、70~75%のタンパク質、20~24%の脂質、5~8%の炭水化物で構成されており、脂質はウイルスの膜内にあり、ほとんどがリン脂質であり、少量のコレステロールと糖脂質があり、リボース(RNAに含まれる)、ガラクトース、マンノース、メルカプタン、グルコサミンなどのいくつかの炭水化物は、ウイルス粒子の中で主に糖タンパク質または糖脂質の形で存在している。

ウイルス蛋白質および潜在的なグリコシル化部位はウイルスゲノム特異的であるが、ウイルス膜の糖蛋白質あるいは糖鎖の脂質と糖鎖の成分は、宿主細胞によって確定される。

4.ウイルスの複製

ウイルスは、細胞表面のシアル酸を含む糖タンパク質受容体に引き付けられ、その後、核内の低濃度に曝露されることを含む受容体を介した細胞内サイトーシスによって、ウイルスは細胞内に侵入するpHは、HAのコンフォメーション変化を引き起こす膜融合を介して、かくしてキャプシドは細胞質に入り、細胞核に向かって移動します、インフルエンザウイルスは独特のメカニズムを利用して転写し、書き起こしを開始すると。ウイルスのエンドヌクレアーゼは宿主細胞のmRNAから5'ハット構造を切り取り、ウイルスの転写酵素のためのプライマーとして、6つの単一順子のmRNAを生成し、HAに変換し、NA、NPおよび3つのポリメラーゼ(PB1、PB2およびPA)、NSとM遺伝子のmRNAをつなぎ合わせて、それぞれ2つのmRNAを生成し、異なるリーディングフレームワークに従って翻訳され、NS1、NS2、M1とM2タンパク質を生成し、HAとNAは粗面小胞体内でグリコシル化され、ゴルジ体内で修飾され、その後表面に輸送され、細胞膜に移植され、HAはHA1とHA2に分解するために宿主細胞プロテアーゼを必要とするが、両者はまだジスルフィド結合で結合しており、この分解は感染性ウイルスを生成し、細胞膜から出芽する方法で細胞を排出することができる。

5.抗原性変異

インフルエンザウイルスの抗原性変化の頻度は非常に高く、主に2つの方式で進行する:ドリフトと転移、抗原ドリフトはHA及び/又はNAの副次的抗原変化を引き起こすことができ、抗原転移はHA及び/又はNAの主な抗原変化を引き起こすことができる。

(1)抗原性ドリフト:

抗原性ドリフトは、HAおよび/またはNAタンパク質をコードする遺伝子の点突然変異によるものであり、免疫集団において、より病原性の強いウイルスの出現を引き起こす変異体をスクリーニングする反応である。

(2)抗原性転移:

抗原性転換は細胞が2種類の異なるインフルエンザウイルスに感染する時、ウイルスゲノムのフラグメントの特性がフラグメントの組み換えを発生させ、それによって転換を引き起こし、それは256種類の遺伝学的に異なる毒性のそれぞれ異なる子代ウイルスを産生する可能性がある。

6.理化学的要因への抵抗力

A型インフルエンザウイルスは嚢胞膜ウイルスで、除染剤などの脂溶剤の不活性化に敏感で、ホルマリン、β−プロパノラクトン、酸化剤、希酸、ジエチルエーテル、デオキシコール酸ナトリウム、ヒドロキシルアミン、ドデシル硫酸ナトリウム、アンモニウムイオンは、その感染性を急速に破壊することができ、鳥インフルエンザウイルスは異常な安定性を持っていないため、ウイルス自体の不活化は困難ではなく、ウイルスは加熱、極端なpH、非等張、乾燥条件下で不活化することができます。

野外条件下では。インフルエンザウイルスは、感染した鳥の鼻腔分泌物や糞便から排出されることが多く、ウイルスはこれらの有機物に保護されて不活化への抵抗力を飛躍的に高め、また、インフルエンザウイルスは自然環境中、特に涼しく湿気の多い条件下で長期間生存することができ、糞便中のウイルスの感染性は4℃で30~50日、20℃で7日間と長く保持することができる。

7.鳥インフルエンザウイルスの病原性および毒性

鳥インフルエンザウイルスの病原性は、インフルエンザウイルス感染による疾患は、明らかではないか、あるいは温和な一過性の症候群である可能性があります、発症率や死亡率が100%の病気でさえ、疾患の症状は呼吸器、腸管あるいは生殖系に現れ、そしてウイルスの種類、動物の種類、齢期、併発感染、周囲環境および宿主の免疫状態によって異なることがあり、鳥インフルエンザウイルスの毒力は主にウイルス粒子の複製速度とヘマグルチニン蛋白分解部位付近のアミノ酸組成によって決定される。

現在、国際的には一般的にEC規定の静脈内接種の病原性指数(IVPI)によって毒力を判定し、IVPI>1.2の時、高病原性株と認められる。

  1. 鳥インフルエンザの合併症、鳥インフルエンザがどのような病気を引き起こすのか
  2. 鳥インフルエンザの紹介−症状−治療−看護−食事
  3. 鳥インフルエンザの診断と鑑別-鳥インフルエンザの紛らわしい疾患
  4. 鳥インフルエンザ治療法鳥インフルエンザ治療法
  5. 鳥インフルエンザの検査、鳥インフルエンザの診断

お問い合わせ