鳥インフルエンザの検査、鳥インフルエンザの診断

鳥インフルエンザの検査、鳥インフルエンザの診断

  • 2021-06-27 20:03:41
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 鳥インフルエンザの予防方法鳥インフルエンザのケア対策
  2. 鳥インフルエンザの食事、食事療法、鳥インフルエンザは何を食べればいいのか

鳥インフルエンザの一般的な検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
尿常規その他泌尿器科泌尿器系によく使われる...
血清インフルエンザウイルス抗体免疫系伝染課インフルエンザウイルス抗体...
痰および下気道分泌物の検体の細菌学的検査気管肺呼吸器保健課痰と下気道...
ウイルス感染の免疫検査全身保健課ウイルス感染免疫...
胸部レントゲン胸部----胸部写真の適応...
1.血液常規

血液には、赤血球(通称赤血球)、白血球(通称白血球)、血小板という3つの異なる機能を持つ細胞があります。数量変化および形態分布を観察することにより、疾患を判断する。医師が病状を診断する常用の補助検査手段の一つである。

2.尿常規

尿の検査内容は尿の色、透明度、pH、赤血球、白血球、上皮細胞、チューブ型、蛋白質、比重及び尿糖の定性を含む。

3.胸部レントゲン

胸部の平らな写真は、胸部の写真検査とも呼ばれる。撮影検査で得られるX線画像は、透視の時よりはるかに鮮明だ

4.ウイルス抗原および遺伝子検査

患者の呼吸器標本を採取し、免疫蛍光法(あるいは酵素結合免疫法)を用いてA型インフルエンザウイルス核蛋白抗原(NP)と鳥インフルエンザウイルスH亜型抗原を測定し、RT-PCR法で鳥インフルエンザウイルス亜型特異性H抗原遺伝子を測定することができる。

5.ウイルスの分離

鳥インフルエンザウイルスは、患者の呼吸器検体(鼻咽頭分泌物、口腔内のうがい液、気管吸引物、気道上皮細胞など)から分離されます。

6.血清学的検査

発症初期と回復期の両血清抗鳥インフルエンザウイルス抗体力価は4倍あるいはそれ以上上昇し、回顧性診断に役立つ。

  1. 鳥インフルエンザのケア−ケア上の注意点−食のタブー
  2. 鳥インフルエンザの合併症、鳥インフルエンザがどのような病気を引き起こすのか
  3. 鳥インフルエンザの紹介−症状−治療−看護−食事
  4. 鳥インフルエンザの診断と鑑別-鳥インフルエンザの紛らわしい疾患
  5. 鳥インフルエンザ治療法鳥インフルエンザ治療法
分類

お問い合わせ