まひの治療法まひの治療法まひの治療法まひの薬

まひの治療法まひの治療法まひの治療法まひの薬

  • 2021-07-24 02:11:45
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. 麻痺の看護−看護上の注意−食事の禁忌
  2. 麻痺の合併症、麻痺がどのような病気を引き起こすのか

麻痺の診療知識

受診科:神経内科治療費用:市三甲病院約(10000-50000元)治癒率:治療周期:治療方法:漢方医学薬物治療、西洋医学薬物治療麻痺一般治療

一、麻痺の西洋医学的治療

1、手術治療:神経手術は主に選択的脊髄神経根切断術である。1978年、Fasanoらはまず選択的脊髄神経後根切断術(SPR)による痙攣性CPの治療を試み、長年の発展を経て、SPR手術はすでに多くの臨床医師に受け入れられ、しかもこの手術と術後のリハビリテーション治療はすでにCP治療の第一選択方案になった。SPR手術の目的は電気刺激により筋紡錘から入ってくるIa類繊維を選択的に切断し、脊髄反射中のγ−α反射ループを遮断して筋張力を低下させ、肢体痙攣を解除し、肢体の感覚神経繊維を選択的に保留することである。

2、物理リハビリテーション治療:物理リハビリテーション治療はマッサージ、筋理を含み、整復、活血、脱お及び気血を調整して内臓機能を改善する作用がある。方法は多種あり、例えば押し、運、押し、摩、揉む、揉む、理、こする、つまむ、振るふるえる及び矯正など、必ずCP児童の年齢、病状、病状などによって弁証施術を行い、効果は手技の熟練程度と正の相関がある。手技マッサージは運動機能のリハビリテーションにおいて特に重要であると考えられる。ポイントマッサージに加えて筋緊張異常に対しては揉み方を主とし、筋萎縮が顕著なものに対しては揉み方を行う。また、関節奇形を矯正するために、1回おきに節牽引を併用した。

麻痺の弁証的治療

二、麻痺の漢方治療

1、鍼灸治療:鍼灸治療鍼灸の特色は全体観念を持って、弁証論治は経絡臓腑及びその経絡選穴から着手して、実施することに沿って穴を取って、遠道に穴を取って、隣接して穴を取ります。鍼灸の方法はミリニードル法、灸法、三角針、皮膚針(梅花針)、ツボ注射、耳針療法、頭針療法、埋線療法など多岐にわたる。その中で、体針、頭針、ツボ注射が多用される。体針では、痙攣型運動障害型にツイスト挿入法、共済失調型用補法、混合型に平補平潟法が主張されている。差し込み撚りを3~5回回して針を出す。針の速刺法を採用し、ポイントは針の入りが早く、針の起き上がりが早く、強い刺激があり、針を残さないことである。一部の医師は平補平潟法を採用し、30分ぐらい留針した。一般的に1日または隔日に1回治療する。

2、薬物治療:母国医学は麻痺の病因と病機及び関連する臨床表現により5型に分けられる:肝腎不足型、血虚風乗型、肝強脾弱型、肝腎虚弱型、陰虚風動型。その治療原則は補益先天腎気、精益髄を主とし、脾胃後天的気を育成し、飲食を調整し、邪を除去する。具体的には以下の通りである:⑴肝腎不足型:滋養強壮肝腎、強筋壮骨。⑵血虚風乗型:治以補益血気、舒筋活血通絡。(3)肝強脾弱型:治は肝気を平静に抑え、気を健運することで本を治し、少佐息風通絡薬で治療標を治す。(4)脾腎両虚型:補脾益気、益腎壮骨。(5)陰虚風動型:治以滋陰息風。

  1. まひの診断と鑑別-まひは紛らわしい病気
  2. マヒの受診ガイド-マヒ
  3. マヒの食事、食事療法、マヒは何を食べればいいのか
  4. 麻痺の紹介-症状-治療-看護-食事
  5. どうやってマヒを予防するか、マヒのケア対策

お問い合わせ