マヒの受診ガイド-マヒ

マヒの受診ガイド-マヒ

  • 2021-07-24 02:12:03
  • あげ:0
  • クリック回数:1
  1. 麻痺の検査、麻痺の診断
  2. どのような原因があるのか
麻痺受診コンパスは麻痺患者が病院に受診する時に現れる疑問に対して解答を行い、例えば:麻痺は何科の番号をかけますか?麻痺検査前の注意点は?医者は普通何を聞きますか。麻痺にはどのような検査が必要ですか。麻痺検査の結果はどう思いますか。待ってくれ。麻痺受診ガイドは麻痺患者の診察を便利にし、麻痺患者の受診時の疑惑問題を解決することを目的としている。
典型的な症状
対麻痺、感覚障害、顔面筋強直
診療科の受診を勧める
神経内科
最適な受診時間
特別なことはありません、できるだけ早く受診してください
診察期間が長い
初診は1日、再診は半日ずつ予約する
再診頻度/診療期間
外来治療:毎週再診から再診周期を徐々に延長し、行動が回復した後、フォローすることができなかった。重症者は入院治療を受け、肢体が正常になった後、外来治療を受ける必要がある。
診察前の準備
特別な要求はなく、注意して休む。
よくある問診内容
1、受診原因を記述する(いつから、どんな具合が悪いのか?)
2、不快感は明らかな要因によって引き起こされていますか?
3、運働の不便などに伴う症状がありますか?
4、病院を受診したことがありますか。その検査を受けたことがありますか。検査の結果は何ですか。
【小于】 dd>5、治療はどうでしたか?
6、薬物アレルギー歴はありますか?
重点点検項目
1.血液常規
血液検査は最も一般的で、最も基本的な血液検査である。血液検査は一般的に末梢血検査、例えば指先、耳たぶ部位の血を用いる。血液細胞分析機器を経て、コンピュータで結果を報告することで、この項目は患者を検査するのに慣例となっている。血液は液体と有形細胞の二つの大部分からなり、血液は通常血液の細胞部分を検査する。血液には、赤血球(通称赤血球)、白血球(通称白血球)、血小板という3つの異なる機能を持つ細胞があります。数量変化および形態分布を観察することにより、疾患を判断する。医師が病状を診断する常用の補助検査手段の一つである。
2.血液電解質検査
血液電解質検査は、人体の血液中の各種電解質の含有量を測定し、腎臓病、糖尿病、内分泌の病気である。
3.血糖
血液中の糖は血糖と呼ばれ、ほとんどの場合ブドウ糖です。体内の各組織の細胞活動に必要なエネルギーの大部分はブドウ糖から得られるため、血糖は一定のレベルを維持しなければ体内の各器官と組織の需要を維持することができない。正常な人の朝の空腹時血糖値は80〜120mg%である。空腹時血糖濃度が130ミリグラム%を超えることを高血糖といいます。血糖値が160~180mg%以上になると、ブドウ糖の一部が尿中に排出され、これが糖尿です。血糖値が70ミリグラム%未満の場合は低血糖と呼ばれます。
4.補助検査
1.頭蓋底部撮影、CT及びMRIなどの検査。2.脳脊髄液検査。3.胸部透視、心電図、超音波。
しんだんきじゅん
まず患者の病状による病変を神経筋系統の特定レベルに定位してこそ、筋無力症の病因を確定することができ、筋無力症の分布は神経根病、神経叢病及び末梢神経病、及び神経源性と筋源性病変の鑑別に非常に有益である。末梢神経とは、嗅、視神経以外の脳神経と脊髄神経、自律神経およびその神経節を指す。末梢神経疾患とは金曜神経系構造或いは機能障害に原発する疾患である。


  1. まひの診断と鑑別-まひは紛らわしい病気
  2. マヒの食事、食事療法、マヒは何を食べればいいのか
  3. 麻痺の合併症、麻痺がどのような病気を引き起こすのか
  4. 麻痺の紹介-症状-治療-看護-食事
  5. どうやってマヒを予防するか、マヒのケア対策

お問い合わせ