麻痺の検査、麻痺の診断

麻痺の検査、麻痺の診断

  • 2021-07-24 02:12:19
  • あげ:0
  • クリック回数:0
  1. まひの治療法まひの治療法まひの治療法まひの薬
  2. 麻痺の症状、麻痺の初期症状、バイタルサイン

麻痺一般検査

名前をチェック検査部位検査課けんささよう
脳脊髄液検査、化学検査、蛋白検査頭蓋血液血管血液脳脊髄蛋白...
脳MRI頭蓋核医学脳外科脳MRI検査では...
頭蓋平片頭部核医学頭の平らな錠剤は...
角膜反射神経患者を判断するために...
三叉神経検査末梢神経系神経顔の痛みのために、...
血液電解質血液血管血液目的は...
親指及び掌筋の筋力試験手の筋肉神経手外科親指と掌筋...
後脛骨筋筋力試験ふくらはぎの筋肉神経保健課後脛骨筋の筋力...
マッカツニしけん筋周囲神経系神経保健課マッカズニ・テスト...
かたまひ試験全身末梢神経系神経保健科リハビリテーション医学科医者は神経を作っている...
血清尿素窒素腎臓腎臓血中尿素窒素------。
脳CT頭蓋脳外科腫瘍脳CT検査は...
心電図心臓保健課目的は心を通して...
胸部透視胸部心根胸透の目的の主は...
1.血液常規

血液検査は最も一般的で、最も基本的な血液検査である。血液検査は一般的に末梢血検査、例えば指先、耳たぶ部位の血を用いる。血液細胞分析機器を経て、コンピュータで結果を報告することで、この項目は患者を検査するのに慣例となっている。血液は液体と有形細胞の二つの大部分からなり、血液は通常血液の細胞部分を検査する。血液には、赤血球(通称赤血球)、白血球(通称白血球)、血小板という3つの異なる機能を持つ細胞があります。数量変化および形態分布を観察することにより、疾患を判断する。医師が病状を診断する常用の補助検査手段の一つである。

2.血液電解質検査

血液電解質検査は、人体の血液中の各種電解質の含有量を測定し、腎臓病、糖尿病、内分泌の病気である。

3.血糖

血液中の糖は血糖と呼ばれ、ほとんどの場合ブドウ糖です。体内の各組織の細胞活動に必要なエネルギーの大部分はブドウ糖から得られるため、血糖は一定のレベルを維持しなければ体内の各器官と組織の需要を維持することができない。正常な人の朝の空腹時血糖値は80〜120mg%である。空腹時血糖濃度が130ミリグラム%を超えることを高血糖といいます。血糖値が160~180mg%以上になると、ブドウ糖の一部が尿中に排出され、これが糖尿です。血糖値が70ミリグラム%未満の場合は低血糖と呼ばれます。

4.補助検査

1.頭蓋底部撮影、CT及びMRIなどの検査。2.脳脊髄液検査。3.胸部透視、心電図、超音波。

  1. まひの診断と鑑別-まひは紛らわしい病気
  2. マヒの受診ガイド-マヒ
  3. マヒの食事、食事療法、マヒは何を食べればいいのか
  4. 麻痺の合併症、麻痺がどのような病気を引き起こすのか
  5. 麻痺の紹介-症状-治療-看護-食事
分類

お問い合わせ